忍者ブログ
ぴんぽるとの日々です。なるべく更新するようにしてますがたまに更新できない時もあります・・・
[1219]  [1218]  [1217]  [1216]  [1215]  [1214]  [1213]  [1212]  [1211]  [1210]  [1209


アメリカのBisimoto Engineeringと言うショップが、ポルシェ・911(930)に水冷式のM96ツインターボエンジンを換装したそうです。日本だと「空冷ポルシェに水冷ポルシェのエンジン!?」と驚かれる方が多いと思いますが、考え方によってはこの方法はかなり有意義なモノなのです。まず世界的に高値になってしまっている空冷ポルシェは、本体だろうとパーツだろうと現在はとんでもない値段になっています。964系だろうと930系だろうと、空冷ターボとなるとエンジン本体だけで数百万円で取引きされています。以前に「オーバーホール歴無しでエンジンを降ろした車自体の走行距離も一切不明、エンジンが動いていたかもすべて解らない964ターボのエンジンが300万円で売れた。」等と言う事例もあるのです。こんな状態なので、空冷ポルシェ自体は乗り続ける事自体がかなり高額になって来ています。今回のように空冷ポルシェに水冷ポルシェのエンジンを搭載してしまえば、もしエンジンに何かあっても比較的安価にパーツも手に入りますし、維持費もそれなりで抑える事が可能となるのです。また、当然ですが空冷よりも水冷の方がエンジンの冷却には有利ですので、チューニング自体もそれなりに楽になると言う利点もあります。ちなみに昔の空冷ポルシェの時代でも、ポルシェがレースに使っていた車両はヘッド周りだけ水冷になっていたりと、ポルシェ自身も水冷によるメリットは以前から把握していたのです。もちろん「空冷エンジンの雰囲気やフィーリングが好き!」と言う方は大切に乗って頂けばと思いますが、「チューニングしてガンガン乗りたい!」と言う方には面白い選択肢だと思います。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
03 2019/04 05
S M T W T F S
2 6
8 9
14 15
24 25 26 27
28 29 30
プロフィール
HN:
ぴんぽる
性別:
男性
職業:
色々です。
趣味:
車、バイク、楽しい事。
自己紹介:
1992年式のポルシェ・911ターボ(964)との毎日をご紹介します。詳しい維持費や仕様、バイク等の話題はホームページの方に掲載しておりますので合わせてご覧下さい。みんカラもやってますのでよかったらリンクからどうぞ!
フリーエリア
最新CM
[12/17 マサ]
[12/03 ぴんぽる]
[12/02 マサ]
[07/12 ぴんぽる]
[07/11 zip speed 好き]
[02/08 ぴんぽる]
[02/08 リカ]
[06/21 ぴんぽる]
[06/21 ぴんぽる]
[06/17 964]
[06/17 964]
[06/15 めろんぱん]
[05/09 ぴんぽる]
[05/09 @まゆみ]
[04/21 ぴんぽる]
[04/21 @まゆみ]
[06/23 ぴんぽる]
[06/21 ゲンポル]
[06/09 ぴんぽる]
[12/31 ぴんぽる]
[12/31 がんエクシージ]
[10/30 ぴんぽる]
[10/26 がんエクシージ]
[10/02 ぴんぽる]
[10/01 brilliant green]
カウンター
ブログ内検索
アクセス解析
ぴんぽるブログ Produced by ぴんぽる      Designed by ninja-blog.com
忍者ブログ [PR]