忍者ブログ
ぴんぽるとの日々です。なるべく更新するようにしてますがたまに更新できない時もあります・・・
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6


自工会の豊田章男会長は、2期目にあたる今期就任以来ずっと自動車関連諸税の減税をアピールしており、「消費税が10%になる2019年10月の前に、自動車関連諸税をせめて世界標準並に減税しないと、国内新車市場は壊滅的なダメージを受ける。」と主張して来ています。ガソリンからの税金の2重取りや、1970年前後の「車は贅沢品だから贅沢する富裕層から高い税金を取る。」や「自動車ユーザーは道路から高い恩恵を受けているので、道路の建設費用も負担すべき。」と言う考えから進化せずに、今だに自動車ユーザーから自動車税や重量税と言った税金を徴収し続けているのを見れば、豊田章男会長の不安も理解出来ると思います。しかも自動車取得税やガソリン税、軽油取引税や自動車重量税はすべて道路建設を目的とする「道路特定財源」として創設されていたのに、道路特定財源が廃止された2009年以降も何食わぬ顔で一般財源として使われているのです。日本は車関係の税金が世界で1番高く、日本人は世界で1番大人しい人種と言われています。国に上記のような理不尽な税金の徴収をされても、「車って維持するの高いから買うのを止めよう。」と、自分が諦めるだけで終わってしまうので、日本は車もバイクもメーカーからどんどん見捨てられています。以前に自動車事業への参入を検討していたヤマハが、「2020年までの製品化に向けて開発を進めていたが、量産化を実現しても採算が合わないため参入を断念する。」と2018年12月11日に発表しました。タイミングから見て例の「走行距離によって課税する自動車税。」も、参入断念の理由に多少は関係あるような気もします。バイク業界は数年前から海外向けに造った新型車を、「ついでに日本で発売。」くらいのノリでしか売っていませんし、自動車業界もバイク業界もメーカーだけでなくアフターマーケットも瀕死状態です。車もバイクも世界トップクラスの実力を持つメーカーばかりなのに、アホな税策のおかげでどんどん実力が無くなって行くと言うのはとても悲しいですね・・・

PR


走行距離に応じて課税すると言う意味不明なシステム(その前にどうやって距離を調べるんでしょ?)が本格化し始めているせいか、「目標の車を買えるまで頑張る!」と言う方のスタイルが変化しつつあります。今までは「それなりに楽しい軽自動車に乗って、維持費を抑えつつ我慢。」と言うスタイルだった方が、「車の維持費をさらに削って、バイクを増やす。」と言う方向を検討されるケースが増えて来ました。つまり今まではスズキ・Keiワークス等の、比較的維持費の安い軽自動車のスポーツモデルで遊んでいた方が、車を軽トラックや軽バンに乗り換えて、250cc以下のバイクを増やすと言う方向を検討しているのです。確かに古い軽自動車と軽トラックを比べると、自動車税だけを見ても6900円の差(新車から13年以上経過した軽自動車の自動車税は12900円、同じく13年経過した軽トラックや軽バンの自動車税は6000円。)がありますし、スポーツモデルに乗っていると思わず踏んでしまって燃費が悪くなったり思わずカスタムしてしまったりと、軽自動車ではありますがそれなりにお金がかかる事も確かです。その点バイクと軽トラックや軽バンと言う組み合わせでしたら、ちょっと誘惑に負けてバイクをカスタムしたところでそこまでの金額にはなりませんし、軽トラックや軽バンはカスタムしたいと言う気持ちになりにくいので最低限の維持費で済む場合が多いです。バイクは250ccであれば自動車税は3600円(125ccだと2400円、90cc以下だと2000円。)ですし、サーキットのみでの使用であれば排気量がいくら大きくても税金はかかりません。また、小排気量のバイクは比較的単純な構造が多いので、バイクを自分でイジる事によって楽しみながらさらに維持費を安く出来たりするケースも多いのです。ちなみにこの方法は良い事ばかりではなく、「バイクにハマってしまい、目標の車以上にお金をかけてしまう。」と言う危険性も秘めていますので注意が必要なのも事実です。小排気量のバイクに乗る事によってバイクの楽しさを知ってしまい、結局大型まで買ってしまって目標の車がバイクになった人も多数いるのです。まぁ本人の中で目標が車から大型バイクへ変化しているのですから、ある意味目標達成になっているので良い事なのでしょうか?軽トラックや軽バンに愛車のバイクを載せて、休日は草レースと言う楽しみ方も1つの方法である事は確かだと思います。



先日、友達と旅行の話をしている時に旅先での駐車場の話になりました。私も経験がありますが、旅先のホテル等の駐車場の傾斜がキツくて入れず、愛車を他の場所に停めに行ったりするのは意外と面倒なモノです。現在はグーグルマップ等の便利なサイトがありますので、大体の判別は出来ますがやはり細かい情報や、郊外等では現地に行くまで解らない事があるのも事実です。そんな悩みを持つ車高が低い愛車を持つオーナーさん同士の情報交換の場として、新しく「車高短パーキング」と言うBBSを開始しました。自宅近所のパーキングでも旅先で使ったパーキングでも、車高の低い車で入れるパーキングなら何でもかまいませんので、ぜひ情報を書き込んで頂ければと思います。一応入力用のテンプレートを貼っておきましたが、情報はどのような形でもかまいません。「車高とかは測ってないけど、○○って車種で軽くローダウンしてる。」等でも結構ですので、お好きに書き込んで頂ければと思います。なお、こちらの情報はあくまで参考程度ですので「同じ長さなのにフロントリップを擦った!」等と言うクレームは一切受け付けません。こちらの情報を基にパーキングを利用される方は、必ず現地で自身の愛車が無傷で駐車出来るかをご確認下さい。また、書き込んだパーキングがいつ取り壊されるかはまったく不明ですので、実際に活用しようとする場合は事前に電話等でパーキングの状況を確認する事をオススメします。



昨日、ある旧車に乗っている車友達から乗り換えの相談を受けました。何でも「現在の愛車は気に入っているんだけど、修理や維持が段々ツラくなって来た。」との事。確かにこの友達の愛車は古いモデルな上に、エンジンの積み替えをしていたり色々とカスタムをしているので、修理も普通の工場では出来なくなっています。「いつ、何が起こるか解らない年式だし、調子の良い時に手放してしまった方が良いのかも・・・」と悩んでいましたが、個人的にもその方向はアリだと思います。私も色々な車友達を見て来ましたが、みなさん愛車の乗り換えの際にはやはり色々と悩まれます。特に古い車は、「今回修理してもまた違う部分が壊れるかもしれないし・・・」等と不安になり出したらキリが無いので、不安になり始めたら乗り換えを検討する方も多いです。私が思うに、結局自分の中でどこで線を引くかが乗り換え等の決め手になると思います。「年間維持費が○○万円を超えたら乗り換えよう。」や、「年間で5回以上大きな故障が発生したら乗り換えよう。」等、自分の中でラインを決めておくと色々考えがまとまりやすかったりします。今後も日本はどんどん車を維持する事が大変になって行くと思われますので、車を趣味として続ける事自体を諦めなければならない方も増えて来ると思います。乗り換えにしても、売却にしても「ここまでのラインは頑張れる!」と言う目安を考えておくと、いざと言う時に決断もしやすいかもしれません。もちろん私のように「車のために生きてるようなモノだから、死ぬまで乗り続けてやる!」と言う人は、耐えながら一生頑張って頂ければと思います。



ミニバンに続く売れ筋ジャンルであるSUVを買おうとしている方の中には、「他人とカブらない独特なモデルが欲しい!」とお考えの方が結構いるみたいです。確かに現在はほぼすべてのメーカーからSUVモデルが発売されており、休日のテーマパーク等の大型駐車場だと「似たようなSUVばっかりで、自分の車がどこにあるか解らない。」と困る方もいるみたいですので、本日は結構マニアックな1台をご紹介しようと思います。上記画像の車なのですが、フォルクスワーゲン・ゴルフ・カントリーと言う車種になります。簡単に言うと2代目ゴルフのフルタイム4WDモデルをベースに、車高を上げてバンパーやタイヤキャリアを装備したオフロード仕様です。1991年まで日本でも販売されていたのですが、正規輸入台数は110台程度とかなり少なかったみたいです。もちろん並行輸入を含めればもっと多いかもしれませんが、かなりマニアックなモデルですので日本に入って来たのは200台以下だと思います。27年前に200台以下しかなかったモデルですので、当然現在では滅多に見る事はありません。欲しいと思った方は、販売している中古車を見付けたらその場で買うくらいの勢いが必要かと思われます。ちなみに現在販売されている中古車はありませんが、4年前くらいは100~150万円前後で販売されているのを見ましたので、最近の急激に相場が上がっている1990年代のスポーツモデルのようなとんでもなく高い金額ではないと予想されます。ゴルフシリーズはポルシェ・911等と同じように、どんなに古いモデルでも専門店でメンテナンス出来ますし、パーツも豊富ですので乗るのにそこまでは苦労しないと思います。もちろん古いモデルお約束の手間や不便さはありますが、そこまでコストをかけずに味のあるクラシックSUVを楽しむには丁度良いモデルかと思います。

カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
2 5 7
12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
ぴんぽる
性別:
男性
職業:
色々です。
趣味:
車、バイク、楽しい事。
自己紹介:
1992年式のポルシェ・911ターボ(964)との毎日をご紹介します。詳しい維持費や仕様、バイク等の話題はホームページの方に掲載しておりますので合わせてご覧下さい。みんカラもやってますのでよかったらリンクからどうぞ!
フリーエリア
最新CM
[12/17 マサ]
[12/03 ぴんぽる]
[12/02 マサ]
[07/12 ぴんぽる]
[07/11 zip speed 好き]
[02/08 ぴんぽる]
[02/08 リカ]
[06/21 ぴんぽる]
[06/21 ぴんぽる]
[06/17 964]
[06/17 964]
[06/15 めろんぱん]
[05/09 ぴんぽる]
[05/09 @まゆみ]
[04/21 ぴんぽる]
[04/21 @まゆみ]
[06/23 ぴんぽる]
[06/21 ゲンポル]
[06/09 ぴんぽる]
[12/31 ぴんぽる]
[12/31 がんエクシージ]
[10/30 ぴんぽる]
[10/26 がんエクシージ]
[10/02 ぴんぽる]
[10/01 brilliant green]
カウンター
ブログ内検索
アクセス解析
ぴんぽるブログ Produced by ぴんぽる      Designed by ninja-blog.com
忍者ブログ [PR]