忍者ブログ
ぴんぽるとの日々です。なるべく更新するようにしてますがたまに更新できない時もあります・・・
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11


「愛車に乗るとストレス発散になる。」と言う車好きの方は多いと思います。もちろん私も気分が沈んだ時や、悩んでいる時にのんびりドライブしたり、PA等で飲み物片手に愛車を眺めたりするだけで元気になります。しかしこの「ストレス発散」を、違う意味で愛車にぶつけるとトラブルを招く事が多いです。先日あるお客さんの愛車が故障して入庫されました。お客さんの愛車はぴんぽると同じように古い個体でいつ何が起きてもおかしくないレベルだったのですが、お客さん的には故障の原因に心当たりがあるみたいだったので聞いてみると、色々反省すべき点が出て来ました。その方はここ数ヶ月間仕事やプライベートが忙しい上に上手く行っておらず、精神的にとてもイライラしていたそうです。通勤等で愛車を使っていたのですがどうしても精神的ストレスからアクセルを強めに踏む事が多くなり、街乗りでもかなり上の回転数までエンジンを回して走っていたそうです。信号の多い道路でもフルブーストをかけたりしていたそうで、「フルブーストで加速した直後に信号が赤になってそのままアイドリングして信号待ち。」と言うシーンも多かったそうです。結果的にホース類からオイル漏れが始まり、それなりにの金額な修理となりました。上でも述べたように、古い車はいつ何が起こるか解りませんが丁寧に乗っていれば故障が発生するのはもっと遅かったのではないかと推測されます。熱がこもりやすい街乗りでエンジンの発熱が最大になるフルブーストを多用した運転を繰り返していれば、樹脂系やゴム系パーツへのダメージは当然大きくなります。信号が多いストップ&ゴーを繰り返すような状態では、走行風による冷却効果はほとんで期待出来ませんのでエンジンルーム内の温度は最高レベルに上昇します。もしこのような乗り方をせずに、「街乗りでは必要最低限の低回転で走って高速だけでフルブースト。」と言う乗り方をしていれば、故障が発生するのは半年先だったかもしれません。私も「古い車なんだから、壊れたら直せば良い。」と思っていますが、敢えてオーナーさんが愛車を壊すような乗り方をする必要は無いと思います。また私は「スポーツカーはスポーツカーらしく乗る!」と思っていますが、街乗りでムダにフルブーストをかけるのはスポーツカーらしい乗り方では無いと思います。今回のケースは「愛車に乗ってストレス発散!」ではなく、「愛車に自身のストレスをぶつけて発散!その代償として愛車にストレス溜まった。」と言えるのではないでしょうか?ただですら古い車はお金がかかりやすいので、維持費を最低限に抑えたいのであれば愛車へのダメージがなるべく小さい乗り方をオススメします。

PR


先日ネットでミニ・クロスオーバー用のルーフテントを発見しました。大人2人がくつろげるだけのスペースを確保しながら、走行する時は収納出来るのでキャンプ等に便利そうです。これを見ていて思ったのですが、大人2人と言う事は最低でも120kg程度の重量がルーフレールにかかる事が予想されます。またこのテント自体の重量を考えると、合計で150kg前後になるのではないでしょうか?クロスオーバーはそこまで詳しくないのですが、これだけの重量をルーフレールで支えられる事にちょっと驚きました。ちなみにこちらの商品はイタリアのAutohome社製で、日本円にすると35万円程度との事です。すっかり忘れていましたがクロスオーバーはミニのSUV的なモデルですので、このようなアウトドア系のオプションを出したら結構人気が出そうな気がします。ルーフテントを展開してから収納するまでの動画を見ると、それなりに慣れが必要っぽいですがそこまで大変そうではありませんでした。個人的には昔在庫車であった、マツダ・ボンゴRF-V・オートフリートップが1番簡単に展開と収納が出来ました。何しろボタンを押し続けているだけで勝手に開き、収納する時もワンタッチなのです。今回のルーフテントは収納する時は周りをきちんと中に押し込まないと上下の蓋に挟まってしまうっぽいので、お手軽さを考えるとオートフリートップの方が良いと思います。先日ご紹介したスズキ・ジムニーのフラットベッドもお手軽で快適なのですが、寝る事を専用に考えられたオートフリートップには負けると思います。そう言えばここ数日でジムニー内で何回か仮眠を取りましたが、色々とジムニー側に追加したい装備も出て来ています。とりあえず本格的に暑くなる前に、寝ている間の車内の温度上昇対策を考えようと思います。



地味に進めていたセカンドカーのスズキ・ジムニーのフルフラット計画がとりあえず完了しました。ご覧の通り真横になって寝れる上に、収納スペースも犠牲にならないので良い感じです。試し寝?をしてみましたが、予想以上に良い寝心地で爆睡してしまうレベルでした。身長180cmの私でも完全に足を伸ばして寝れるので、車内での仮眠の多い私には最高のアイテムとなりました!今後は日常的に使って行って、さらに改良と変更をして行こうと思います。とりあえず現状ではこのフルフラットキットをどこに収納するかが課題です。ハイエース等でもそうですが、フルフラットキットは車に装備しない時はかなり場所を必要とします。車から降ろして自宅等で保管するのではなく、せっかくなので車に搭載しておいていつでも使えるようにするのが目標です。一応候補としては、ルーフキャリアにボックス等を設置して搭載する方法が有力ですが、厚みがあり過ぎるボックスだと使えなくなるトンネル等が増えてしまうので全高を変えずに搭載出来るボックスを探そうと思います。ちなみにこちらのキットは寝板が3分割となっているので、自宅等で保管する時でもそれ程邪魔になりませんので収納スペースがあまり取れない方でもオススメです。しかしこう言う装備を追加してしまうと、キャンプ等にハマる方の気持ちが解る気がします。私の場合は自宅の庭にいるだけで充分キャンプ気分になれるのですが、せっかくなので小型のコンロやアウトドアチェア等を揃えて、プチキャンプ気分を満喫してみるのも楽しいかもしれませんね!



「出来る限りお金をかけずにぴんぽるを軽量化しよう!」と言う事で、1番お手軽なフロアマットを各場所1枚にしてみました。ちなみに外したフロアマットの裏を見ると接着剤のようなモノが付着しているので、これは最初は内装として接着されていた事が予想されますがそんな事は知りません。この外したマットを測ってみると、4枚で合計2.2kgでした。もう1枚の方が重い感じなので、こっちも外せば8枚で5kgくらいは行けそうな感じですがフロア剥き出しは好みではないのでやりません。ちなみに外したマットの方が軽いので、こっちを使えば軽量化には貢献出来るのですが、運転席側のペダルの真下の材質が水を弾く材質なので雨の日のペダルワークへの不安を考えてこちらを外しました。しかしこのマットはいつ見てもムダに豪華です。毛並みも造りも「ムダに凝ってるなぁ!」と感心するレベルです。この時代のポルシェの内装は豪華絢爛とは言えませんが、造りと質は最高レベルだと思います。「華が無い!」と嘆かれる事が多いデザインですが、「必要なモノを必要な場所に配置しただけ。」と言わんばかりの無骨な拘りを感じられる室内です。フロアマットを外しただけで2.2kgも軽くなると言う事は、ドアの内張り等を交換したら簡単に同じくらいは行けそうな気がします。しかし、このレザーの雰囲気を壊したくないので、964カレラRS用のドア内張りを革張りにして装着しようかと考えているのですがそこまでやると同じくらいの重量になってしまうのでしょうか?内装すべて外したら簡単に50kgくらいは軽量化出来そうですね!



ワインディングや首都高速等の走り好きな方が集まるエリアには、そのエリアを走っている方特有の呼び方をする道があったりします。首都高速だったら「赤坂ストレート」や「銀座S字」、芦ノ湖スカイラインの「ヤギさんコーナー」等が有名だと思いますが、全国的に最強クラスのコーナーが現れました。その名も「アクサダイレクトコーナー」です。グーグルマップに認定されるレベルの認知度で、ネットでネタになっているだけあって130件ものクチコミが入っていると言う色々スゴいコーナーです。現地のストリートビューを見てみると、周囲に何も無さ過ぎて色々感覚が狂いそうなコーナーでした。そりゃ堤真一さんもアクサダイレクトの自動車保険を使う状況になるワケです。ちなみにこちらのコーナーはCMで使われた時の映像を元に、誰かが場所を特定したためにムダに有名になったらしいです。グーグルマップには「観光名所」のジャンルで登録されているし、色々な車好きな方が現地で写真撮ったりしていてちょっと楽しそうでした。何より周囲の見晴らしが非常に良いので、ストリートビューを見ているだけで現地に行ってみたくなるような道路です。距離を調べてみたら自宅から140kmくらいで時間的には2~3時間くらいで行けそうですし、沼津あたりで美味しい魚でも食べながらドライブも楽しそうです。観光名所になってしまっていますし、ゴールデンウイークに車で出かける勇気は無いので連休終了したら平日にでも行ってみますかね?お約束の写真を撮ってみたいですが、ぴんぽるの車高で大丈夫かな?

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 9 10 11
13 14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
ぴんぽる
性別:
男性
職業:
色々です。
趣味:
車、バイク、楽しい事。
自己紹介:
1992年式のポルシェ・911ターボ(964)との毎日をご紹介します。詳しい維持費や仕様、バイク等の話題はホームページの方に掲載しておりますので合わせてご覧下さい。みんカラもやってますのでよかったらリンクからどうぞ!
最新CM
[12/17 マサ]
[12/03 ぴんぽる]
[12/02 マサ]
[07/12 ぴんぽる]
[07/11 zip speed 好き]
[02/08 ぴんぽる]
[02/08 リカ]
[06/21 ぴんぽる]
[06/21 ぴんぽる]
[06/17 964]
[06/17 964]
[06/15 めろんぱん]
[05/09 ぴんぽる]
[05/09 @まゆみ]
[04/21 ぴんぽる]
[04/21 @まゆみ]
[06/23 ぴんぽる]
[06/21 ゲンポル]
[06/09 ぴんぽる]
[12/31 ぴんぽる]
[12/31 がんエクシージ]
[10/30 ぴんぽる]
[10/26 がんエクシージ]
[10/02 ぴんぽる]
[10/01 brilliant green]
カウンター
ブログ内検索
アクセス解析
ぴんぽるブログ Produced by ぴんぽる      Designed by ninja-blog.com
忍者ブログ [PR]