忍者ブログ
ぴんぽるとの日々です。なるべく更新するようにしてますがたまに更新できない時もあります・・・
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

先日までメンテナンス用の工場には、バックオーダーを頂いた車友達のフェラーリ・348TSと、私の愛車のぴんぽるが並んで置いてありました。私と同世代か、ちょっと上くらいの年齢の方には懐かしくもあり憧れでもある方が多いので大変人気だったのですが、若い世代でもこの時代のフェラーリやポルシェが好きな方はいるようです。当方のお客さんで何名か20歳前後の方がいるのですが、工場に遊びに来た時にこの2台を発見し「やっぱりカッコイイですよねぇ・・・」等とつぶやきながら長い時間眺めて行く方が多いです。何人かに「どんなところに魅力を感じる?」と聞くと、「どんなとことかそう言うレベルじゃなく、問答無用でカッコイイです!」と応えた方がほとんどでした。中には私等と同じように「絶対的な全高の低さやデザイン。」と言う具体的な魅力のポイントがある方もいましたが、やはり美しい車は世代を問わず魅力的に映るモノなのだと再確認しました。また、「固定式ヘッドライトになった、フェラーリ・360モデナ以降のモデルはたまに見るけど、360モデナ以前のモデルはほとんど見ないから新鮮に見える。」と言う興味深い意見も聞けました。最近は古いモデルの3ペダルマニュアルミッションを搭載するスポーツモデルはメーカーを問わず世界中で需要があるので、日本国内にあった個体が海外へ流出されるケースが非常に多いです。フェラーリもポルシェも1990年代のモデルは日本に残っている個体は少なくなっているので、あまり目にする事が無いのかもしれません。今後はぜひこのような車好きな若い方がこの類の希少なスポーツモデルを所有し、日本国内に留めて後世まで引き継いでもらえたらと思います。

PR


最近なかなかブログが更新出来ないため、車友達から「何かあったんですか?」等と言うコメントが何件か寄せられております。どうやら最近起こったポルシェショップの経営破綻や有名人の詐欺事件等、ポルシェ関係の業者の事件が続いたので心配されたようです。ご心配おかけして申し訳ないのですが、仕事関係がとんでもなく忙しくなっているだけですのでご安心下さい。5月の2週目くらいに、当方が買取ったり下取ったりした車両を買い取ってくれていた輸出業者さんが自国に帰られたため、「Revolution下取放出店」と言う新店舗を出して買取ったり下取った車両の一般販売を開始したのが原因です。店名の通り、「下取り車や買取り車、仲の良い業者様から委託されている車等をほぼ原価で放出するお店。」としてオープンしたのですが、とんでもなく問い合わせや販売台数が増えてしまったので、仕入れや引渡し準備で寝るヒマも無いくらいです。当方でメンテナンスをされていたり、将来的に趣味車の購入をお考え頂いている方に申し上げますが、当方が経営破綻するような確率はほぼゼロです。基本的に私の趣味でやっているだけですので、借入れを起こしてまでお店を大きくしようとか、人を雇って売上げを上げよう等と言う考えはまったくありません。現在の自宅に移って仕事を開始してから、今年で8年が経過しますが借金はまったくありませんし、売上げも順調に伸びている状態ですのでご安心下さい。まぁ「口だけでは何とでも言える!」と言われてしまったらそれまでなので、あまり大きな声では言いたくありませんが、私は「今まで私を信頼して依頼して下さったみなさんを裏切るくらいなら仕事を辞める。」と思っております。私は別に大手の営業マンや銀行員のような「見るからに堅そうな外見。」とは無縁ですし、どちらかと言うと「見た目は怪しい。」と思われる事が多いです。しかし外見に囚われずにきちんと話をして私を信頼して下さり、何の保障も無いのに数百万円から数千万円と言う大金を預けて下さる方々を裏切るようなマネをしたら、人間として終了だと思っています。このような人間性と、買う時に「古い車なんで引渡しをした次の日に壊れる可能性もありますよ?」とあっさり伝える正直な営業が受け入れられているのか、お客さんと売上げは日に日に増えている状態ですので、ぜひ心配なさらないで頂ければと思います。



私はマニアックな車好きとして何十年も生きて来ていますが、「マニアックな車が好きな人間にはマニアックな車が集まる。」と言えるシーンを何回か見て来ました。何より私の仕事である中古車販売業の在庫は、本当に「何でこんな車ばかり集められるの?」と同業者に言われるくらいにマニアックな車が集まって来ます。今回も「やっぱり何か呼び込むモノがあるんだな・・・」と思えるような、奇跡に近い出来事に遭遇しました。厳密に言うと遭遇したのは以前に私からスズキ・アルトワークス・iを購入されたTさんなのですが、職場で自身の愛車であるアルトワークス・iと同じモデルに乗っている方に出会ったそうです!ちなみにアルトワークス・iは純正でNAエンジンを採用しており、新車当時は地域限定で生産され、生産台数が数える程度だったので24年が経過した今となってはほとんど現存しないと言う幻の1台となっています。そんな幻の車種に乗っている方が職場にいると言うのは、本当に奇跡的な確率だと思います。もちろん自動車関係の仕事なので、普通の職場よりも多少はこのような出来事が起こる確率は高いと思われますが、スズキ本社に問い合わせしても「アルトワークス・iは何台生産されたか記録が無い。ヘタすりゃ10台以下しか生産されていないかも?」と言われるレベルの車ですので、同じ車に会えるだけでも奇跡です。当然の如くオーナーさんと仲良くなったそうですが、やはり「マニアックな車好きはマニアックな車好きを呼び寄せる。」と言える気がします。



先日初のハイブリッドV8モデルとしてデビューしたフェラーリ・SF90ストラダーレですが、予想価格は6000~7000万円程度との事です。SF90ストラダーレはフェラーリの考える次世代スーパーカーの第1弾で、2022年までのこのハイブリッドシステムを搭載したモデルを15車種増やすそうです。約780馬力の3900ccV型8気筒ツインターボエンジンと約220馬力のモーターの組み合わせで、合計約1000馬力の最大馬力を誇りますが車両重量は1570kgとこの類の車にしては重量級です。キーがカードになったり、ステアリング周辺やエアコン操作系等のボタンがすべてタッチパネルになったりと、最新技術だらけのように見えますが、個人的にはそこまで走りを意識していないような印象でした。もし走りを重視するならここまでの重量増になるハイブリッドシステムの採用はしないでしょうし、ボタンのタッチパネル化も微妙だと思います。タッチパネルは基本的に押した事を確認するには、モニター等の表示の変化を見るしかないので、スポーツ走行中等は確認がなかなか難しいと思います。物理的なボタンであれば、押せたかどうかは押した瞬間の感覚で解りますが、タッチパネルは押せているかどうかは感覚では解りませんので、スポーツカーには不向きとしか言えない気がします。個人的にはSF90ストラダーレは最新モデルと言うよりも、今後のハイブリッドモデルへのイメージリーダー的な存在と言えるのではないかと思います。しかしV8モデルは今まで3000万円程度だったのに、いきなり2倍近くの値上げとはある意味「さすがフェラーリ!」と感じます。V8モデルでこの価格ですので、他のモデルはもっと高額になる可能性もあると言う事でしょうか?今後もぜひ独特の路線を突っ走って、ファンを魅了して頂きたいモノです。



私は基本的には知らない場所に行く時以外はナビ自体を使わないのですが、知っている場所に行く時でも渋滞がヒドい場合はナビを使う場合があります。スマホのグーグルナビは「こんな行き方あったの!?」と驚く場合が多いので、ショートカットルートを勉強するのにはとても役立つのですが、知っている場所に行くために知らない道を通ると言うのはそこそこ面倒に感じます。私だけかもしれませんが、私は知っている場所に行くのであれば、自分の知っているルートを何も考えずにリラックスしながら行きたい人なので、ナビを見ながら「これは次の角を曲がるのか?それとも2つ先の角なのか?」等と考えながら運転するのは結構ストレスです。そのため、渋滞がヒドい場合は「これはナビで抜け道を行った方が早いのか?それともいつもの知っているルートを行っても大して変わらないのか?」と、結構真剣に考えるのです。グーグルマップのナビは1分でも1mでも早く短く目的地に到着するようになっているせいか、かなりメチャクチャなルートを案内する事があります。しかもたまに自転車や歩行者専用の車が入れないようなルートを案内してくれるせいで、「本当にこのルートで正しいの!?」と不安になりながら走る事も結構多いのです。私はこのような「ストレスと不安を感じながら最速ルート(場合によっては最速ではない。)で時間を短縮する。」と言う走り方よりも、「渋滞にははまるけど知っている道を不安無く行く。」と言う走り方が性格的にも合っているのです。余談ですがスマホは熱を持つとGPSの精度が狂ったりするので、最終的には本の地図等の方が使い勝手が良かったりします。もしスマホが止まってしまって困るような場合は、本の地図を1つ予備で搭載しておいても良いかもしれませんね・・・

カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
4 6 7
9 10 12 13 14
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
ぴんぽる
性別:
男性
職業:
色々です。
趣味:
車、バイク、楽しい事。
自己紹介:
1992年式のポルシェ・911ターボ(964)との毎日をご紹介します。詳しい維持費や仕様、バイク等の話題はホームページの方に掲載しておりますので合わせてご覧下さい。みんカラもやってますのでよかったらリンクからどうぞ!
フリーエリア
最新CM
[12/17 マサ]
[12/03 ぴんぽる]
[12/02 マサ]
[07/12 ぴんぽる]
[07/11 zip speed 好き]
[02/08 ぴんぽる]
[02/08 リカ]
[06/21 ぴんぽる]
[06/21 ぴんぽる]
[06/17 964]
[06/17 964]
[06/15 めろんぱん]
[05/09 ぴんぽる]
[05/09 @まゆみ]
[04/21 ぴんぽる]
[04/21 @まゆみ]
[06/23 ぴんぽる]
[06/21 ゲンポル]
[06/09 ぴんぽる]
[12/31 ぴんぽる]
[12/31 がんエクシージ]
[10/30 ぴんぽる]
[10/26 がんエクシージ]
[10/02 ぴんぽる]
[10/01 brilliant green]
カウンター
ブログ内検索
アクセス解析
ぴんぽるブログ Produced by ぴんぽる      Designed by ninja-blog.com
忍者ブログ [PR]