忍者ブログ
ぴんぽるとの日々です。なるべく更新するようにしてますがたまに更新できない時もあります・・・
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6


イギリスのSwindと言う会社が、ローバー・ミニをベースにした電気自動車の販売を発表しました。100台限定で、基本価格が7万9000ポンド(約1100万円)で走行距離無制限の1年間保証付きだそうです。フルレストアされたボディに110馬力モーターを搭載し、0~100km/h加速は9.2秒、最高速度は130km/hとの事。バッテリーは蓄電容量24kwhのリチウムイオン電池で1回の充電で200km走行可能。バッテリーの充電時間は約4時間で、オプションで急速充電にも対応するそうです。私も個人的にクラシックカーを電気自動車にコンバートするのには興味があるので色々調べたりしていますが、上記内容であれば「結構お得な価格。」と言えるような気がします。現在日本でガソリン車を電気自動車にカスタムするとなると、日産・リーフ等の電気自動車のバッテリーを利用して搭載するのが主流ですが、費用はバッテリーの量によって決まると言っても過言ではありません。またバッテリーをたくさん搭載するとその分重量が増えるのでモーターも強力なモノにする必要があり、航続距離を延ばそうすればする程費用も上がって行くのです。今回のミニは航続距離は200kmとそこまで長くはありませんが、フルレストアされたボディをベースにしている上に保証まで付くのであれば、適正価格のような気もします。今後はどんどん自動車の電気化が進むと思いますので、もっと航続距離が延びてバッテリーの価格が安くなったら自分でも1台造ってみたいと思います。

PR


車好きには私のように「気に入った車はずっと乗っていたい。」と言う考えの方と、「車は色々たくさん乗ってみたい。」と言う考えの方がいます。どちらが正しいなんて事はありませんし、どちらが間違っていると言う事もないと思いますが、良く考えてみるとどっちもそれなりに大変だと言う事が解ります。例えば「一生のうちに50台の車を所有してみたい。」と言う「たくさん乗りたい派」の方がいたとします。18歳で運転免許を取ってから、70歳まで車に乗るとしたら52年間車に乗る事になります。単純計算すると毎年車を買い換えて52台ですので、ほぼ1年に1回乗り換えなければいけない事になりますので、毎年乗り換えにかかる莫大な費用が発生します。逆に「一生乗りたい派」の方が、気に入った車が3台あったとします。もちろんその3台にどの時点で出会うかによって違うと思いますが、とりあえず18歳には1台目を手に入れるとします。すると、18歳で手に入れた愛車は52年間維持する事になり、その間で増えた2台も少なくても10年以上は維持する事になると思いますので、こちらは維持のための費用がとんでもない事になるのです。当然乗り換える車や、乗り続ける車の車種によって費用は変わって来ますが、個人的にはこうして考えると「どっちもどっち」と言える気がします。どちらもお金がかかるでしょうし、どちらも楽しいと思いますので、悩まずに「自分の送りたいカーライフ。」をそのまま送れば良い気がします。



スバル・ヴィヴィオ・RX-Rやスバル・インプレッサ、マツダ・RX-7のようなマニアに人気な車種になると、年式によって「A型」や「3型」等と呼ばれる事があります。この時代のスポーツモデルは、ヘタすりゃ毎年細かい部分の変更があったりしたので、拘る方には非常に重要な部分でもあるのです。もちろん変更された部分はエンジン関係であったりシート関係、外装関係等と色々な部分に亘るのですが、知識を付ければ付ける程、単純な勘違いが発生したりするので注意が必要です。例えば上記画像の、ヴィヴィオ・RX-Rのサイドステッカーなのですが、この字体になっているのは最終型のE型と呼ばれるモデルだけが純正で採用されていました。しかしこのステッカーは現在は簡単にヤフオク等で手に入るので、ここだけを判断基準にするのは非常にキケンです。また、ヴィヴィオ・RX-Rは型によってインタークーラーの形状が違ったり、ホースの配置が違ったりするのですが、すべて後から手に入るモノなので判断材料としては「とりあえず」と言うレベルなのです。


何よりも確実な方法は、上記画像のコーションプレートを見る事です。上記画像の「モデル」と書いてある部分の後ろに続く英数字が、この車のデータを表しています。最初の「K」は車両区分でヴィヴィオである事を示しており、2番目の「K」はボディ区分で「K」はセダン、「W」はバンとなっているようです。その次の「3」は駆動区分で「3」は2WDで「4」は4WD、そしてその次の「E」と言うのが通称の「E型」と呼ばれる部分となっています。外装や装備等をいくら違うタイプの仕様にしても、基本的にはコーションプレートのデータは変更出来ないのでこの部分の確認が1番確実です。ちなみにコーションプレートや車台番号、車検証を非合法な方法で変更する事も可能と言えば可能ですので、この部分に拘るのであれば値段は高くてもきちんとした車屋さんで購入する事をオススメします。



次期型マツダ・アクセラのアメリカバージョンである、マツダ・3が2018年のロサンゼルスモーターショーでデビューしました。色々な試乗記が出て来ていますが、どのメディアも「素晴らしい!」と大絶賛されています。そんな絶賛の内容を見るとかなりの割合でボディデザインをメインに褒めており、個人的には「そこなの!?」と言う感じで正直違和感を感じます。私は最近のマツダの魅力は、クリーンディーゼルエンジンや高圧縮ガソリンエンジン(スカイアクティブG等)に代表される「内燃機関」だと思っていますので、「ボディデザインが魅力的!」と言われても何か響かないのです。上記画像がマツダ・3の画像ですが、最初に見た時も「最近の車だねぇ・・・」くらいの感想しかありませんでした。


どちらかと言うと上記画像の「メルセデスベンツ・Aクラスに似てる・・・」と言う気持ちが強かったため、「最高のボディデザイン!」と言われても違和感しか感じなかったのだと思います。ちなみに今回メディアが推していたのは、スカイアクティブXと名付けられた圧縮着火技術を採用した新型ガソリンエンジンでした。スカイアクティブXは「SPCCI(火花点火制御圧縮着火)」と呼ばれる新しい燃焼方式を採用しており、「夢のエンジン。」と言われていた、ガソリンエンジンでの「HCCI(予混合圧縮着火)」を実用化させたエンジンなのです。詳しい話は専門サイトでご覧頂ければと思いますが、簡単に言うと「ガソリン車並の性能を持ちながら、ディーゼル車同等の燃費のエンジン。」と言う事になります。しかしマツダは「夢」を「現実」にするのがとても好きなメーカーだと思います。今回のスカイアクティブXだけでなく、あのロータリーエンジンも各メーカーが「実用不可能」と判断したのに1人で実用化しましたし、「他の会社が諦めても1人で黙々と完成させる。」と言うのが好きなメーカーな気がします。個人的には大好きな考え方のメーカーなので、ぜひ今後も「我が道を行く会社。」であり続けて頂きたいと思います。



先日、久しぶりに地方での取引きがあったので、約7時間くらい高速道路を利用して帰って来ました。当然これだけの長時間になると、途中で休憩がてら食事をしたりするのですが、最近のSAやPAはどこも値段が高い上にどこも同じような味であまり食事をした気分になれません。入っているお店はチェーン店が多く、確かに味はそれなりに良いのですが何となく味気ない感じがしました。もちろんSAやPAに出店するためのロイヤリティやイニシャルコストを考えたら、資金力のある大手がメインになるのは解るのですが、個人的には値段は高くても良いので昔ながらの定食屋が1店舗欲しいと思います。もちろん周囲の店との協和も大切ですので、街の定食屋のようにライス食べ放題にしたりケタ違いに量が多かったりと言うのは難しいかもしれませんが、食べていてホッと出来る食事を出してくれるお店があったらかなり嬉しいです。昔に外回りの営業職に就いていた時代がありましたが、どこの定食屋さんは今考えるとそんなに「メチャクチャ美味い!」と言う程の味ではありませんでした。しかし、何となく懐かしいような、落ち着くような不思議な安堵感を感じる味のお店が多かったのです。もちろん店の雰囲気や料理してくれる店主の人柄等によって左右されますが、どこのお店も「また来よう。」と思いたくなる魅力があったのです。考えてみたらその類の定食屋の常連さんって、トラックドライバーやタクシードライバーが多かったので、SAやPAで昔ながらの定食屋やったらかなり人気が出そうな気がするんですけどどうなんでしょうね?何となく不完全燃焼な感じがするので、明日は近場の定食屋さんに行こうと思います。

カレンダー
01 2019/02 03
S M T W T F S
7
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
プロフィール
HN:
ぴんぽる
性別:
男性
職業:
色々です。
趣味:
車、バイク、楽しい事。
自己紹介:
1992年式のポルシェ・911ターボ(964)との毎日をご紹介します。詳しい維持費や仕様、バイク等の話題はホームページの方に掲載しておりますので合わせてご覧下さい。みんカラもやってますのでよかったらリンクからどうぞ!
フリーエリア
最新CM
[12/17 マサ]
[12/03 ぴんぽる]
[12/02 マサ]
[07/12 ぴんぽる]
[07/11 zip speed 好き]
[02/08 ぴんぽる]
[02/08 リカ]
[06/21 ぴんぽる]
[06/21 ぴんぽる]
[06/17 964]
[06/17 964]
[06/15 めろんぱん]
[05/09 ぴんぽる]
[05/09 @まゆみ]
[04/21 ぴんぽる]
[04/21 @まゆみ]
[06/23 ぴんぽる]
[06/21 ゲンポル]
[06/09 ぴんぽる]
[12/31 ぴんぽる]
[12/31 がんエクシージ]
[10/30 ぴんぽる]
[10/26 がんエクシージ]
[10/02 ぴんぽる]
[10/01 brilliant green]
カウンター
ブログ内検索
アクセス解析
ぴんぽるブログ Produced by ぴんぽる      Designed by ninja-blog.com
忍者ブログ [PR]