忍者ブログ
ぴんぽるとの日々です。なるべく更新するようにしてますがたまに更新できない時もあります・・・
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10


最近在庫車の三菱・FTOへの問い合わせがいきなり増えだしました。遠方からメールで問い合わせる方もいれば、近場で「すぐに見たいんですが、いつなら大丈夫ですか?」等と、突然来店予約の電話をして来られる方もいてかなり忙しいです。個人的なデータですが特定の車種の問い合わせがいきなり増える時は、何らかのメディア的な原因がある場合が多いです。例えば「トランスフォーマーがテレビで放映された次の日は、5代目シボレー・カマロの問い合わせが増える。」と言う感じです。この法則にFTOを当てはめるとすると「ジャッキー・チェン氏主演の映画、『デッドヒート』がテレビで放映された。」くらいしか思い付かないのですが、最近放映されてましたかね?他に可能性があるとしたら、「2000ccクラスのスポーツカーの動画を見ていたら、サイト側のオススメで出て来た。」くらいしかないのですが、動画サイトがFTOをオススメしてくる動画と言ったら日産・プリメーラやマツダ・ランティスの動画くらいしか思いつきません。V型6気筒の2000ccエンジンと言う事で、アルファロメオの動画からもオススメが出る可能性もありますが、どの動画もかなりマニアックだと思います。原因は不明ですが、そんな感じなのでFTOを検討されている方は早めに現車だけでも見ておくと良いと思います。最近は売れてしまった車に対して、「在庫車の○○ってまだありますか?」と言う問い合わせが以前よりも増えました。これは「欲しかったのに悩んでいるうちに売れてしまって悔しい思いをされた方が増えている。」と言う事になります。個体数の少ない希少車なので、本気で好きならぜひ「買いそびれて悔しい思いをする方。」よりも、「勇気を出して決断して、楽しいカーライフを送る方。」になる事をオススメします。

PR


日本自動車工業会が発表した市場動向調査によると、車を保有していない10~20代の社会人のうち29%が「買いたくない。」、25%が「あまり買いたくない。」と回答したそうです。理由は予想通り「お金がかかるから。」でした。上記データを合計すると54%の若者が車の所有に否定的と言う事になり、今後は今まで以上に若い世代は車から離れて行くのだろうと予想されますが、これはもう仕方のない事だと思います。メチャクチャな維持費の記事が普通に大手サイトに載り、「車を持つだけで4000万円も損する!」的な事を言われたら誰だって車を買う意欲なんて失せます。もちろんサイト側は宣伝広告費を払ってもらった記事を掲載するだけですのでサイト側に罪は無いのでしょうが、もうちょっと「載せる記事を吟味した方が良いのでは?」と思う事が多々あります。ヒドい時になると、同じサイトに「車購入を否定する記事。」と「車購入を勧める記事。」が、同じページに掲載されていたりするのです。こうなるともうお手上げです。見る側はどちらを信用して良いのか解りませんし、人間は不安なモノには消極的になるように出来ているらしいので、車への興味は無くすと思います。そして一部のメーカーを除き、ほぼすべてのメーカーの新車価格がモデルチェンジのたびに上がっているのも問題です。若者の給料は減っているのに車は高くなるのですから、両者の差は開くだけです。こんな事をずっと何の対策もせずに放置しているのですから、国側は「別に若者が車から離れても構わない。」と考えているのではないかと思います。つまり今後も日本の自動車産業は衰退を続け、最終的には「本当のカーマニア。」と「仕事で使う方。」、「車が無いと生活が出来ないエリアの方。」のみが所有するにモノになるような気がします。そう考えると車の楽しさを知る事が出来た私達の世代は、ある意味ラッキーだったんですかね?



先日、私のセカンドカー&デモカーとして頑張ってくれ始めたスバル・ヴィヴィオ・RX-Rが売却となりました。自分で乗る気マンマンだったので同色オールペイントをしたり色々手を入れて楽しんでいたのですが、僅か3ヶ月で売れてしまいました。もちろん仕事として考えればこれは最高の事です。在庫車がそれなりに早い期間で売却出来たと言うのは非常に喜ばしい事なのですが、私個人としては愛着があったので寂しくなるのです・・・まぁ次のオーナーのOさんは旧車にとても詳しくてヴィヴィオを超気に入ってくれたので、間違いなく可愛がってくれるでしょうから良しとします。しかし、こうなると問題は私の次のセカンドカーです。現在ぴんぽる以外に使えるのは、新トランスポーターとして可動を始めたマツダ・ボンゴブローニイのみとなっています。ボンゴの巨体を足にするのはちょっと面倒なので、デモカーも兼ねてまた1台セカンドカーを作るしかなさそうですがどの車を取ろうか悩みます。個人的にはスバル・アルシオーネSVXか、同じくスバル・インプレッサ・22Bワイドボディ仕様あたりが乗りたいのですが、たまには三菱・FTOのような気持ちの良いNAスポーツモデルにも魅かれます。ワインディングもそれなりに楽しみたいのですが、最近はのんびり走って開発者の車に対する想いを想像したりする事が楽しかったりするので、やはりアルシオーネSVXが本命でしょうか?バイクに良い季節になって来たので、バイクとボンゴブローニイの合わせ技なんてのも楽しそうです。ちょっと寂しいですが、せっかく「セカンドカー選び。」と言う楽しい悩みが出来たので、思い切り楽しく悩んでみようと思います。



先日ご紹介した「ぴんぽるのエアコンを現代版にバージョンアップ大作戦。」ですが、パーツの探索(生産中止になっているモノも結構ありました。)も完了したので早速実行します。今回もかなりの費用を投入する事になりましたが、限界となったエアコンで今年の夏を乗り切る自信はないので仕方ありません。余談ですが2016~2018年まで毎年高額な修理が続いているので、ぜひ今年でこの流れは止めて頂きたいモノです。今回導入する事になった、R134と言うガスはR12とはまったく違った特性を持っています。まずきちんとしたシステムを所有していてR134に詳しいお店限定の話ですが、R134はガス自体を洗浄する事が出来ます。エアコンガスをキレイにする事によって、激的にエアコンの冷え方が変わるのです。またR12の時は、真空引きをする際はエアコン内に残っているガスは大気開放してから真空引きするしかなかったのですが、R134は専用の機械で残ったガスを吸い上げ、その吸い上げたガスももう1度使えると言う「すべてにおいてムダが無い。」と言える造りになっています。ちなみにトヨタ・プリウス等のハイブリッド車のR134ガスの洗浄は、普通の車とはやり方から使用する機械までまったく違いますので要注意です。あまりR134を理解していないお店だとたまにトラブルになるのですが、普通の車と同じ手順でハイブリッド車のガス洗浄を行うとエアコンシステムが全滅する恐れがありますのでご注意下さい。また、R134は補充用ガスの価格の安さも大きな魅力です。R134は1缶800円(定価)程度なのですが、R12は現在では1缶5000円と言うとんでもない価格(ちなみにR12は、厳密に言うと既に存在してはいけないガスです。)になっています。もちろん当方では代替品を使うため金額的にはR12より全然安く済みますので、R12のシステムのまま使いたい方はこちらがオススメです。ここ数年は毎年R12ガスの旧車にお乗りの多数の方から、エアコンの修理とグレードアップの相談を受けていました。多少お時間を頂くとは思いますが今回のぴんぽるに搭載するエアコンシステムのデータを収集し、エアコンのグレードアップを希望される方にフィードバックさせて頂こうと思いますので興味のある方はご相談下さい。



車好きだったら愛車に関する事なら大体本気になると思います。もちろん私も愛車に関する事はすべて本気で対応するのですが、意外なところで本能的にスゴい力を発揮する場合があります。それは「洗車中にボディ拭き上げ用のタオルや、洗車用のスポンジを落としそうになった時の反応速度。」です。気にしない方もいますが、私は基本的には「1回地面に落としてしまったスポンジやタオルは使用しない。」と決めています。理由は簡単で、「落とした時にタオルやスポンジの繊維の隙間に小石やゴミが入り込み、ボディを擦る時にキズ付くから。」です。これは結構重要な事でタオルやスポンジに入り込んだ異物は、パっと見ただけでは見付けられない事が多いです。しかし、洗車の時に力を入れた際に奥から顔を出し、ボディを容赦無くキズ付けてくれる恐ろしい刺客だったりします。この拘りが脳裏に強く焼き付いているせいか、私はこの類の用品が落ちそうになるととんでもない反射速度を発揮します。その瞬間を目撃した事がある友達からは、「残像が見えるレベル。」や「獲物を捕らえるカメレオン。」等のコメントを頂いているのでかなりのレベルっぽいです。ちなみにたまに失敗して普通に弾き飛ばしてしまう事もあるので、個人的にはスポンジ等も消耗品と考えております。余談ですが、ぴんぽるのようにボディコーティングをしてボディ表面のツルツルにしていると、タオル等は滑り落ちやすくなりますので注意です。私は上記画像のCピラー近辺とフロントフェンダーで何回か落としかけた事がありますので、同型車種にお乗りの方はご注意下さい。

カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
5
6 9 11
14 15 16 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
ぴんぽる
性別:
男性
職業:
色々です。
趣味:
車、バイク、楽しい事。
自己紹介:
1992年式のポルシェ・911ターボ(964)との毎日をご紹介します。詳しい維持費や仕様、バイク等の話題はホームページの方に掲載しておりますので合わせてご覧下さい。みんカラもやってますのでよかったらリンクからどうぞ!
フリーエリア
最新CM
[12/17 マサ]
[12/03 ぴんぽる]
[12/02 マサ]
[07/12 ぴんぽる]
[07/11 zip speed 好き]
[02/08 ぴんぽる]
[02/08 リカ]
[06/21 ぴんぽる]
[06/21 ぴんぽる]
[06/17 964]
[06/17 964]
[06/15 めろんぱん]
[05/09 ぴんぽる]
[05/09 @まゆみ]
[04/21 ぴんぽる]
[04/21 @まゆみ]
[06/23 ぴんぽる]
[06/21 ゲンポル]
[06/09 ぴんぽる]
[12/31 ぴんぽる]
[12/31 がんエクシージ]
[10/30 ぴんぽる]
[10/26 がんエクシージ]
[10/02 ぴんぽる]
[10/01 brilliant green]
カウンター
ブログ内検索
アクセス解析
ぴんぽるブログ Produced by ぴんぽる      Designed by ninja-blog.com
忍者ブログ [PR]