忍者ブログ
ぴんぽるとの日々です。なるべく更新するようにしてますがたまに更新できない時もあります・・・
[2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12


今日は在庫車の可動日だったので、遊びに来ていたお客さんと一緒にドライブを楽しんで来ました。何台かお付き合い頂いたのですが、トヨタ・セリカ(ST202)に乗った時に「セリカってこんなに動き軽かったっけ?」とお客さんが感心したように言いました。話を聞いてみると「セリカGT-FOURが速いのは知っていたけど、普通のSS-Ⅲがこんなに速いとは思わなかった。」との事でした。確かにGT-FOURの250馬力と比べれば、SS-Ⅲの180馬力と言うパワーはそんなに大した数値ではないと思います。しかし、パワーは180馬力でも車重が1200kgと軽量なので驚くくらいに速く走れるのです!ちなみに1200kgのボディに180馬力ですのでパワーウエイトレシオで言うと6.6kg/psとなりますが、実はこの数値はポルシェ・944やロータス・エリーゼ、アウディ・TTクーペと同等の数値です。またSS-Ⅲはスーパーストラットサスペンションなので、サスペンションがストロークする際に発生するキャンバー角変化を抑え、操縦安定性や旋回時のグリップ限界を大幅に高めているのも動きが軽く感じる原因の1つだと思います。この時代のスポーツカー全般に言える事だと思いますが、「トップグレード以外は大した事ない。」と言う変な固定観念をお持ちの方が多数います。今回のセリカのように、「ターボエンジンのトップグレードよりも、NAエンジンのベーシックグレードの方が場合によっては楽しい。」と言う事も多々ありますので「乗っていて楽しい車が欲しい!」と思っている方はご注意下さい。

PR


今年の1月に台場で開催された改造車イベントの会場、デックス東京ビーチ内で故意にホイールスピンをさせて駐車場の床に跡を付けた疑いで31歳のアメリカ人が書類送検されたそうです。「改造車を見てテンションが上がってしまった。」的な供述をしているそうですが、たぶんワイルドスピードとかの見過ぎではないかと思われます。私もワイルドスピードは映画としては好きですが、あくまで映画として楽しむモノであり現実に同じ事しちゃいけないのは当然です。ファンからは「ワイルドスピードは最高の映画!ファミリーの絆が感動!」等の意見を聞きますが、私は「登場人物は大体悪者。」と言うイメージなのでマネしたいとも何とも思いません。後半はあまり記憶が無いので覚えていませんが、大体どのシリーズでも主人公サイドは石油やマフィアの資金盗んだりとロクな事しません。それに憧れるのもどうかと思いますし、まして映画でのシーンを現実にやってみるのもさらにどうかと思います。私もたまにミーティングを開催してますが、参加して下さる方には必ず周囲の方へ迷惑をかけないようにお願いしています。映画と違って夜のPAやSAは一般の方や、休憩をしている職業ドライバーの方もいるので基本的には周りに迷惑にならない音量で会話をして頂き、集まる場所もなるべく休憩施設から離れた場所に設定するようにしています。なるべく一般の方に迷惑にならないように気を付けているのに、上記のような事をされると周りに気を配って集まっている方々まで同じ目で見られるのです。こんなニュース見るとミーティングの開催も考えてしまいます・・・



たまになんですが、私はぴんぽるの洗車をした時に一緒にフロアマットを高圧洗浄機で洗う事があります。ぴんぽるの車体自体に高圧洗浄機を使う事はほぼありません(車体の下側を洗う時は使う事もあります。)が、フロアマットを洗う時はほぼ高圧洗浄機を使います。理由は簡単で、高圧洗浄機だったらフロアマットの奥にまで入り込んだ汚れがすべて洗えるからです。昔は普通に水を洗剤で洗っていたのですが、奥まで入り込んだ汚れはまず落とせませんでした。しかし高圧洗浄機を使うと、今までは落とす事が不可能だった汚れが面白いくらいに落ちるのです!そんな理由なので、たまに高圧洗浄機を使う時は「今日はどれくらい汚れが出るかな?」とちょっとワクワクしながら使うのですが、残念な事にぴんぽるのマットはほとんど汚れが出て来ません。自分の愛車のマットがあまり汚れていないと言うのは非常に良い事なのですが、それでもワクワクしながら高圧洗浄機をセットした自分としてはちょっと残念な気分になります。ちなみに高圧洗浄機は水を送る用のホースをつないだり延長コードを用意したりとそれなりに面倒な準備があるので、ぴんぽるのマットから満足出来る汚れが出て来てくれない時は何か悔しくて在庫車等のマットをムダに洗いまくる事になるのです。結果的には色々とキレイになるので良い事なのですが、何となく自分の中では不完全燃焼気味な気持ちが残るんですよね・・・余談ですが、毎回マットを持つと重さを実感するので真面目に軽量化のために各マットを1枚減らす事を検討中です。これだけでも数キロは軽量化出来ますかね?



私は基本的には洗車後はワックス等は使用しませんが、月に1回くらいはワコーズ・バリアスコートと言うコーティング剤を塗っています。洗車後の吹き上げ前の塗れたボディにスプレーし、そのまま吹き上げれば完了と言うお手軽さなのでかなり楽です。上記画像は吹き上げ直後の画像ですが、お手軽なのにかなりキレイになるのでなかなか良いと思います。洗車に拘る方の中には「固形ワックスじゃないと本当の艶は出ない。」等の拘りをお持ちの方も多いですが、私はそこまで拘っていないのでこれで充分です。ほぼ通常の洗車と同じ手順で、画像のような周りの風景が写り込むレベルまでキレイになるのですから、さすがワコーズと言ったところでしょうか?ちなみに私が使用するケミカル用品は基本的にワコーズです。仕事等で色々と試したのですが、値段や効果を考えるとワコーズが1番クオリティが高いと思います。もちろん私が試していない商品もたくさんあるのでワコーズ以上のモノもあるのかもしれませんが、私の周りの車関係の仕事の業者も口を揃えて「とりあえずワコーズでしょ。」と言うくらいに信頼製は高いです。当然ですがお値段もそれなりにしますが安さだけの商品をワコーズの半分くらいの金額で買って、結局効果が無くてワコーズを買い直すくらいだったら最初からワコーズを買った方がお得です。この類の商品は自身が実験台になるような部分が多いので、「色々な商品を試してみたい!」と言う方以外はそれなりの値段で評判の良い商品を最初から買った方が良いと思います。しかし、こうやって見るとぴんぽるもまだまだキレイですね・・・別にオールペイントしなくても良いかなぁ?



本日もぴんぽるの機関維持でワインディングを楽しんでいたのですが、休憩中に2人の車好きなカナダ人と出会いました。何でも2週間日本に滞在する予定だそうで、日産・スカイラインGT-R(R34)のレンタカーを借りてドライブを楽しんでいたそうです。色々と話を聞かせてもらったのですが、カナダも日本も車好きは考え方も車へのスタンスも同じみたいですね。意外だったのはアメリカは25年ルールなのに、カナダは15年ルールであると言う事です。25年ルールと言うのは「アメリカ国内で新車販売された車以外は、製造後25年が経過しないと輸入出来ない。」と言う規制で、このルールのために日産・スカイラインGT-R(R32)が2014年前後から異常な高値に相場が上がったのです。しかし、カナダはこの規制が15年なのでR34等はカナダなら今でも輸入出来るのです。そしてさらに意外だったのですが、カナダでのスカイラインGT-Rの相場はそこまで高くないみたいなのです。金額的には日本と同じくらいか、むしろ安いくらいだったのが意外でした。私の適当全開な英語で話をしていたのでどこまでが合っているのかは知りませんが、同じ車好きと言う事でかなり盛り上がって会話らしきモノが出来て楽しかったです。ちなみにR34GT-Rのレンタカーの料金は、2日間で4万4000円くらいとの事でした。話を聞くとワインディングや首都高速湾岸線等を楽しんでいたみたいですし、憧れの車で2日間ドライブを楽しめると考えるとかなりお得な気がします。久しぶりに昔の自分の愛車と同じ車を見たので、何となく私がレンタルしたくなってしまいました・・・

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 9 10 11
13 14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
ぴんぽる
性別:
男性
職業:
色々です。
趣味:
車、バイク、楽しい事。
自己紹介:
1992年式のポルシェ・911ターボ(964)との毎日をご紹介します。詳しい維持費や仕様、バイク等の話題はホームページの方に掲載しておりますので合わせてご覧下さい。みんカラもやってますのでよかったらリンクからどうぞ!
最新CM
[12/17 マサ]
[12/03 ぴんぽる]
[12/02 マサ]
[07/12 ぴんぽる]
[07/11 zip speed 好き]
[02/08 ぴんぽる]
[02/08 リカ]
[06/21 ぴんぽる]
[06/21 ぴんぽる]
[06/17 964]
[06/17 964]
[06/15 めろんぱん]
[05/09 ぴんぽる]
[05/09 @まゆみ]
[04/21 ぴんぽる]
[04/21 @まゆみ]
[06/23 ぴんぽる]
[06/21 ゲンポル]
[06/09 ぴんぽる]
[12/31 ぴんぽる]
[12/31 がんエクシージ]
[10/30 ぴんぽる]
[10/26 がんエクシージ]
[10/02 ぴんぽる]
[10/01 brilliant green]
カウンター
ブログ内検索
アクセス解析
ぴんぽるブログ Produced by ぴんぽる      Designed by ninja-blog.com
忍者ブログ [PR]