忍者ブログ
ぴんぽるとの日々です。なるべく更新するようにしてますがたまに更新できない時もあります・・・
[2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12


先日、22歳の友達が「就職したんで車欲しいんですけど、維持費ってやっぱり高いんですかね?」と聞いて来ました。「車種にもよるけど、普通に就職してムダ遣いしなければ余裕だと思うけど?」と言うと、「そうなんですか?でもネットとかで見ると『車は一生で4000万円かかる!』とかって書いてあったんでちょっと抵抗あるんですよね・・・」と、とんでもない事を言っていたので調べてみました。「車 4000万円」と検索すると速攻で出て来ましたが、内容を読んでみると「相変わらずネットはメチャクチャな情報流すな・・・レンタカー業界からの依頼か?」と思いたくなるような記事でした。まず、この4000万円のうち1500万円は「7年に1回新車に乗り換えた時用の費用。」と言う意味不明な費用です。「250万円の車を買って、下取りに出した車が40万円で引き取られると試算。」とありますが、最初のガソリン代や整備費用等を想定しているページに「車 日産・キューブ」と車種が明記されています。キューブは最上級グレードであるキューブライダー・パフォーマンススペックでも213万8400円です。この「250万円の新車」とはどのキューブなのでしょうか?ちなみにここまで維持費を気にされる方だったら1番安い162万円のキューブ15Xを買うと思うので、この時点でかなりの差が出ます。次に「車を持たずに公共機関とレンタカーで過ごした場合。」と言うシュミレーションのページにあるタクシー代はなぜか月1万円と固定されており、レンタカー代も毎月2万円で固定されています。月1万円のタクシー代と言う事は、神奈川県のタクシー初乗り運賃である730円で割ると13回しか乗れないと言う事になります。初乗りは大体2km程度なので「1ヶ月に2kmの距離を13回タクシーに乗れる。」と言う計算になりまので、タクシーはほとんど使用出来ないと同じようなモノです。こんなメチャクチャな設定で「20~70歳までの50年間車を所有すると4000万円かかります!公共機関とレンタカーだったら50年間で1800万円なのでお得です!」と言ってのけるのです。当然友達には「ネットに書いてある事をそのまま信じるな?」と言ってそこまでお金がかからない事を説明しましたが、今のネット世代の若い方は結構この類の記事を信じてしまうんでしょうね?この記事もそこそこ名の通ったサイトに掲載されていましたし、それなりに車に興味が無いと解らない設定になっていました。こう言うあからさまに読んだ方を誤解させるようなサイトも、若者の車離れの原因の1つなんでしょうね・・・

PR


私も危うく忘れそうになるとこでしたが、「ジムニーのフルフラット車中泊化計画。」は一応地味に進行しています。ジムニーで車中泊を考える方だったら常識な知識なのですが、JB23型のジムニーはリアシートの造りが年式によって違います。私のジムニーは上記画像のようにリアシートの下側が起きるタイプですので、まずこのリアシートの下側を外さないとフルフラットにはなりません。リアシートはボルト2本で留まっているだけですので脱着はレンチ1本で出来るのですが、毎回レンチが必要になるのも面倒なので何か対策を考えようと思っています。また、以前にこの計画をご紹介した際に車友達からお手軽な方法を教えて頂いたのでその方法を使おうかと思っていたのですが、意外と色々な方面からのオーダーがあって結構本格的なモノを作らないといけなくなってしまいまいた。アドバイスを下さったKさん、その節は貴重な情報をありがとうございました。せっかく良いアドバイスを頂いたのに、計画が変更になってしまって大変申し訳ございませんでした。ちなみに新しい計画は「寝る度にベッドを組み立てるのは面倒なので、基本的にベッド状態のままで使い勝手が良いモノ。」と言う、さらに難易度の高い内容になっています。「もう面倒なので私じゃない誰かがやってくんない?」と言って、他の人間に外注したいのですがジムニーを所有しているのが私だけなので外注出来ないのです。まぁアイデア的にはこの条件をクリア出来る案もあるのですが、果たしてキレイに収まるか・・・とりあえず頑張ってみようと思います!



オープンカーの世界最高速度である427.4km/hを記録したヘネシー・ヴェノムGTスパイダーの製作基であるヘネシーパフォーマンス社が、また新しいモデルをラインアップしました。今回のベース車はシボレー・カマロZL1で、6200ccのV型8気筒エンジンにスーパーチャージャーを搭載し、1000馬力と言う実にアメリカらしいパワーを叩き出しています。こちらのモデル名は「カマロ・ザ・エクソシスト」と言う、同時期に発表が予定されているダッジ・チャレンジャーをベースにした「チャレンジャー・SRT・デーモン」のライバルとも取れるネーミングになっています。各車「悪魔」と「悪魔祓い」と言う物騒な名前が付いていますが、考えてみたら自動車業界では結構この類の名前は珍しくない気もします。まずランボルギーニ・ディアブロはそのまま「悪魔」の意味ですし、ロールスロイス・ファントムは「幽霊」です。特にロールスロイスは「ゴースト」や「レイス」と言った幽霊系の名前のモデルが多いですが、これは「幽霊の如く静かな車。」と言う意味で付けられていると言われています。個人的な感想ですが、過激な名前の付いたモデルのスペックを見て「本当にスゲェな!」と思うのはアメリカ車が1番多い気がします。基本的に「○○サーキットのラップタイムが○○秒!」と言うよりも、「○○リッターエンジンで○○馬力!」と言う方が解りやすいパワー大好き世代だからそう感じるだけかもしれません。ちなみに上記画像がカマロ・ザ・エクソシストなのですが、ドライバーのレンチ製の十字架は必要なのでしょうか?アメリカ人の広告なので、ジョークなのか本気なのかイマイチ理解に苦しみます。そして何でスーツ姿なんだ・・・



「もう2年経ったの!?」と毎回叫びたくなる「車検」と言うイヤなイベントがぴんぽるに迫って来ています。基本的な部分は問題無いと思うのですが、ヘッドライトを完全にLED化したいので何もせずに車検に通るLEDヘッドライトの導入を試してみようと思います。現在では「車検対応LEDライト」と検索をかけるとかなりの量の商品が出て来ますが、これは「すべての車に使えるワケではない。」と言う事を覚えておく必要があります。大手メーカーの商品だったら適合車種が書いてあるので、そこに載っている車種だったら普通に通りますが、ぴんぽるのようにLEDが世に出る遥か昔に誕生している車は適合表に名前なんてあるワケがありません。「964 車検対応LED」で検索すると数点は商品が出て来ますが、車検対応を謳っているにしては説明文ではアピールせず、下の方に「タイトルは検索用です。」と言うワケの解らない事が書いてあったりする商品しか出て来ません。となるといつも通り自分で作るしかなくなって来るので、結構前からオーダーはかけていましたが車検にギリギリ間に合うか微妙なペースでの生産となっています。ちなみに「LEDなんてライト交換するだけなんだから、車検の時だけ交換すれば?」と言う方もいるかもしれませんが、ぴんぽるのヘッドライトの脱着はかなり気を遣うので、個人的にはあまりやりたくありません。まずヘッドライトを支えているネジが1つしかないのですが、このネジのステーが非常にデリケートな作りをしています。気軽にトライしてネジ山を潰してしまった日には結構大変な事になるので、出来たら触りたくないのです。間に合うかは微妙ですが、LEDの明るさと発熱の少なさは良い事しかありませんし、HIDのようにヘッドライトの内側のダメージを考える必要もないのでぜひ導入したいのです。発注している業者さんが頑張ってくれる事を期待したいと思います。



本日は展示車のエンジンオイルの交換を行っていたのですが、ちょっとした思い込みからかなりムダな労力を使ってしまいました。私はオイル交換は上抜きが出来るタイプの車は上抜きで、下抜きしか出来ない車は下抜きにしています。本日交換したトヨタ・MR2(SW20)は上抜き出来るタイプなので、ポンプで吸い出していたのですがなかなかオイルが抜けません。「あれ?MR2って下抜きしかダメだっけ?」と思って色々確認してみたのですが、結果的にはポンプ自体が古くなってしまってヒビ割れが生じ、そこからエアーが漏れていて圧力がかからないだけでした。考えてみたらこの手のポンプはかなり簡単な作りをしているので、そこそこ古くなれば当然ダメになる可能性は高いのです。「上抜き出来ない車。」と考えるよりも「道具の故障を疑う。」を先に実行していれば何て事はなかったのにもったいない事をしました。この時期は「ゴールデンウイークに間に合うように、修理や納車を終わらせて欲しい!」と言う方が多くてバイクも車も非常に忙しく、1日が終わるのが本当に早く感じます。たくさんの方からご支持頂くのはとても嬉しいのですが、自分の愛車が何も出来ないのが唯一の悩みです。私がお客様の車の修理やカスタムを鈑金屋に依頼する事によって鈑金屋が忙しくなり、結果的に私の車に手が回らなくなってしまっているので何も言えません・・・今更急いでも遅いですし、この忙しさのピークが去る事をのんびり待とうと思います。

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
4 5 6 9 10
11 12 14 15 17
18 20 21 22 24
26 27 29 30
プロフィール
HN:
ぴんぽる
性別:
男性
職業:
色々です。
趣味:
車、バイク、楽しい事。
自己紹介:
1992年式のポルシェ・911ターボ(964)との毎日をご紹介します。詳しい維持費や仕様、バイク等の話題はホームページの方に掲載しておりますので合わせてご覧下さい。みんカラもやってますのでよかったらリンクからどうぞ!
最新CM
[12/17 マサ]
[12/03 ぴんぽる]
[12/02 マサ]
[07/12 ぴんぽる]
[07/11 zip speed 好き]
[02/08 ぴんぽる]
[02/08 リカ]
[06/21 ぴんぽる]
[06/21 ぴんぽる]
[06/17 964]
[06/17 964]
[06/15 めろんぱん]
[05/09 ぴんぽる]
[05/09 @まゆみ]
[04/21 ぴんぽる]
[04/21 @まゆみ]
[06/23 ぴんぽる]
[06/21 ゲンポル]
[06/09 ぴんぽる]
[12/31 ぴんぽる]
[12/31 がんエクシージ]
[10/30 ぴんぽる]
[10/26 がんエクシージ]
[10/02 ぴんぽる]
[10/01 brilliant green]
カウンター
ブログ内検索
アクセス解析
ぴんぽるブログ Produced by ぴんぽる      Designed by ninja-blog.com
忍者ブログ [PR]