忍者ブログ
ぴんぽるとの日々です。なるべく更新するようにしてますがたまに更新できない時もあります・・・
[1025]  [1024]  [1023]  [1022]  [1021]  [1020]  [1019]  [1018]  [1017]  [1016]  [1015


日本が世界に誇る超高級車、トヨタ・センチュリーが21年ぶりにフルモデルチェンジをしました。伝統と品格は初代から変わらず、現代にマッチした華と格を感じさせるエクステリアは「さすがトヨタの最高級車!」と唸るレベルの仕上がりとなっています。ちょっと残念な事にエンジンは伝統のV型12気筒エンジンからV型8気筒エンジンに変更され、ハイブリッドシステムが搭載されています。エンジン単体でのパワーは381馬力、モーター単体出力が224馬力でシステム出力は431馬力と現代の高級車に相応しいスペックとなっている上に、トヨタお得意のハイブリッドシステムのおかげで燃費は13.6km/Lと、このジャンルにしては最高レベルの低燃費となっています。ちなみに匠が手彫りした金型から作られる鳳凰のエンブレムや織物を使った天井、7層にも及ぶ拘りの塗装等のセンチュリー伝統の造りも継承されています。安全装備系ではトヨタセーフティセンスを搭載し、全車速追従型のACCやステアリング制御を含むレーンキープ機能などを採用する一方、夜間の歩行者や自転車の検知と言った、新型カローラやクラウンにも採用される第2世代セーフティセンスの新機能が見送られたのが意外でした。まぁそこまで台数が売れる車ではないので、そこまで色々と投資するのも微妙だったと言う事でしょうか?個人的にはこの重厚感のあるデザインは非常に好きなのですが、どうせだったらもっと御料車のセンチュリーロイヤルに近づけて欲しかったです。


今回発表された新型センチュリーを見て、「ロールスロイス・ファントムに似てない?」と言う方がいますが、個人的にはセンチュリーロイヤルの方が近いと思います。ファントムのサイズは全長×全幅×全高:5770mm×2020mm×1645mmですが、新型センチュリーは全長×全幅×全高:5335mm×1930mm×1505mmと二回りくらい小ぶりになっています。センチュリーロイヤルは全長×全幅×全高:6155mm×2050mm×1780mmと、ファントム以上の大きさになっています。新型センチュリーは今回はハイブリッドシステムがメインで、他の部分はそこまで大きな変更が無かったように感じます。新型センチュリーの価格は1960万円との事ですが、せっかくトヨタが世界に誇る最高級車なのですから、センチュリーロイヤルクラスの迫力のボディにしてしまってお値段も4000万円くらいで出した方が宣伝になったような気もします。トヨタ自体もたぶんセンチュリーでそこまで利益が上がるとも思っていないでしょうし、どうせだったら思い切り贅の限りを尽くしてみても良かったのではないかと思いました。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
7 10
15 18
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
ぴんぽる
性別:
男性
職業:
色々です。
趣味:
車、バイク、楽しい事。
自己紹介:
1992年式のポルシェ・911ターボ(964)との毎日をご紹介します。詳しい維持費や仕様、バイク等の話題はホームページの方に掲載しておりますので合わせてご覧下さい。みんカラもやってますのでよかったらリンクからどうぞ!
フリーエリア
最新CM
[12/17 マサ]
[12/03 ぴんぽる]
[12/02 マサ]
[07/12 ぴんぽる]
[07/11 zip speed 好き]
[02/08 ぴんぽる]
[02/08 リカ]
[06/21 ぴんぽる]
[06/21 ぴんぽる]
[06/17 964]
[06/17 964]
[06/15 めろんぱん]
[05/09 ぴんぽる]
[05/09 @まゆみ]
[04/21 ぴんぽる]
[04/21 @まゆみ]
[06/23 ぴんぽる]
[06/21 ゲンポル]
[06/09 ぴんぽる]
[12/31 ぴんぽる]
[12/31 がんエクシージ]
[10/30 ぴんぽる]
[10/26 がんエクシージ]
[10/02 ぴんぽる]
[10/01 brilliant green]
カウンター
ブログ内検索
アクセス解析
ぴんぽるブログ Produced by ぴんぽる      Designed by ninja-blog.com
忍者ブログ [PR]