忍者ブログ
ぴんぽるとの日々です。なるべく更新するようにしてますがたまに更新できない時もあります・・・
[940]  [939]  [938]  [937]  [936]  [935]  [934]  [933]  [932]  [931]  [930


「ランボルギーニ」と「ミニバン」と言う単語の組み合わせは、ある意味最高レベルにマッチしないと思います。私も最初に「ランボルギーニのミニバン。」と聞いた時は、「何かのミニバンをベースにカスタムを施して、『もしランボルギーニにがミニバンを造ったらこんな風になるのでは?』って言う感じのコンセプトCGとかじゃないかな?」と思いました。実際「もしランボルギーニ(またはフェラーリやロールスロイス等)が○○を造ったら。」と言うコンセプトのカスタムカーは結構見た事があるのです。しかし、上記画像は実際にランボルギーニが造ったコンセプトカーなのです。車名はベルトーネ・ジェネシス・ランボルギーニ。1998年にベルトーネがトリノモーターショーで実際に発表したコンセプトモデルだそうです。ランボルギーニファンなら予想は付いたのではないかと思いますが、エンジンはお約束のランボルギーニ・カウンタックのV型12気筒エンジンとなっており、乗員数5人と言うランボルギーニ史上最高人数を達しています。現代の感覚からすると「ミニバンなのに5人しか乗れないの!?」と言う感じですが、ランボルギーニ・LM002ですら4人乗りだった事を考えると、ベルトーネ・ジェネシス・ランボルギーニは「家族向けのランボルギーニ。」と言っても過言では無いと思います。


上記画像をご覧頂くと解るように、ランボルギーニなのにかなりリアシートへの乗降や室内空間に気を配っているように思われます。ちなみにシートはフロントが2座、中間に1座、リアに2座と言う独特のレイアウトになっていますが、個人的には中間に1座しかないためリアへのアクセスが両側から出来て乗降はしやすいように思えます。そして、このフロントドアの開き方!リアへのアクセスは考えているっぽいですが、フロントへのアクセスは無視されたと言っても良い気がします。ちなみに全幅は2000mmと、カウンタックと同等レベル。当然市販化はされませんでしたが、先日発表されたランボルギーニ・ウルスの受注が好評な事を考えると、そのうちミニバンタイプの話が出て来ても不思議ではありません。メルセデスベンツ等も最近はミニバンタイプに本気を見せていると聞きますし、SUVブームの次はミニバンブームが来るのでしょうか!?

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
2
5 6 9
11 13 16 17
20 23
25 26 27 28
プロフィール
HN:
ぴんぽる
性別:
男性
職業:
色々です。
趣味:
車、バイク、楽しい事。
自己紹介:
1992年式のポルシェ・911ターボ(964)との毎日をご紹介します。詳しい維持費や仕様、バイク等の話題はホームページの方に掲載しておりますので合わせてご覧下さい。みんカラもやってますのでよかったらリンクからどうぞ!
フリーエリア
最新CM
[12/17 マサ]
[12/03 ぴんぽる]
[12/02 マサ]
[07/12 ぴんぽる]
[07/11 zip speed 好き]
[02/08 ぴんぽる]
[02/08 リカ]
[06/21 ぴんぽる]
[06/21 ぴんぽる]
[06/17 964]
[06/17 964]
[06/15 めろんぱん]
[05/09 ぴんぽる]
[05/09 @まゆみ]
[04/21 ぴんぽる]
[04/21 @まゆみ]
[06/23 ぴんぽる]
[06/21 ゲンポル]
[06/09 ぴんぽる]
[12/31 ぴんぽる]
[12/31 がんエクシージ]
[10/30 ぴんぽる]
[10/26 がんエクシージ]
[10/02 ぴんぽる]
[10/01 brilliant green]
カウンター
ブログ内検索
アクセス解析
ぴんぽるブログ Produced by ぴんぽる      Designed by ninja-blog.com
忍者ブログ [PR]