忍者ブログ
ぴんぽるとの日々です。なるべく更新するようにしてますがたまに更新できない時もあります・・・
[614]  [613]  [611]  [610]  [609]  [608]  [607]  [606]  [605]  [604]  [603


現在、市場にはたくさんの種類の高級車があります。ドイツの3大ブランドのメルセデスベンツ、BMW、アウディ、イギリスのロールスロイス、ベントレー等がメジャーなメーカーだと思います。そして最近いくつかのブランドが同じようなコンセプトカーを発表しているのをご存知でしょうか?まず上記画像はロールスロイスのコンセプトカーです。モデル名は「アパリション(亡霊)」とロールスロイス社伝統の幽霊関係の名前から来てるそうです。ご覧の通り、ドアから上の部分の面積が従来の車では有り得ないような少なさです。どうやら車体中央左側の穴からドライバーが頭を出して運転する設計のようです。もちろんこれはコンセプトカーですので、もしこのような方向性で市販されるとなればドライバーの部分もルーフなりが装備されると思いますが、それでも今までの車とはレベルの違う奇抜なデザインです。ここで注目なのが全高です。このコンセプトカーのサイトでは全高は1500mmとなっています。全高1500mmと言うのはトヨタ・ヴィッツ等と同じ高さです。この高さでこのデザインと言うのは、ある意味今までのロールスロイス・ファントムよりも迫力があるように思えます。普通にフロントウインドウがあるデザインでも異様な迫力だったのに、このデザインになったら今まで以上に迫力が出そうです。


次にBMWです。上記画像は8シリーズのコンセプトカーとして発表されました。BMWにおける8シリーズはメルセデスベンツで言うCLクラスのようなラグジュアリークーペの位置付けです。こちらもフロントウインドウが非常に低くなっています。割合的に言うとドアから上の面積が従来の車の半分以下と言う感じです。フロントのデザインもロールスロイスのコンセプトカー同様のスクエアなデザインになっています。今までは空気抵抗を意識したせいか流線型なフロントデザインの車が多かったのですが、今後はこのようなスクエアなデザインになるのでしょうか?考えてみれば高級車の代名詞とも言えるロールスロイス・ファントムは他のメーカーが空気抵抗を考えた流線型のデザインを取り入れる中、空気抵抗を考えているとは思えないようなフロンドデザインを取り入れていました。ライバルと言われていたマイバッハ62は流線型のデザインを取り入れていましたが、販売台数を見ればどちらが富裕層に支持されたかは一目瞭然です。現在の富裕層の好むデザインがスクエアなモノなのか?ドアからルーフまでの面積を今まで以上に狭くした、スーパーカーのようなデザインが高級車にも受け入れられるのか?今後の各社の新型車がその答えを出してくれそうです。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
ぴんぽる
性別:
男性
職業:
色々です。
趣味:
車、バイク、楽しい事。
自己紹介:
1992年式のポルシェ・911ターボ(964)との毎日をご紹介します。詳しい維持費や仕様、バイク等の話題はホームページの方に掲載しておりますので合わせてご覧下さい。みんカラもやってますのでよかったらリンクからどうぞ!
フリーエリア
最新CM
[12/17 マサ]
[12/03 ぴんぽる]
[12/02 マサ]
[07/12 ぴんぽる]
[07/11 zip speed 好き]
[02/08 ぴんぽる]
[02/08 リカ]
[06/21 ぴんぽる]
[06/21 ぴんぽる]
[06/17 964]
[06/17 964]
[06/15 めろんぱん]
[05/09 ぴんぽる]
[05/09 @まゆみ]
[04/21 ぴんぽる]
[04/21 @まゆみ]
[06/23 ぴんぽる]
[06/21 ゲンポル]
[06/09 ぴんぽる]
[12/31 ぴんぽる]
[12/31 がんエクシージ]
[10/30 ぴんぽる]
[10/26 がんエクシージ]
[10/02 ぴんぽる]
[10/01 brilliant green]
カウンター
ブログ内検索
アクセス解析
ぴんぽるブログ Produced by ぴんぽる      Designed by ninja-blog.com
忍者ブログ [PR]