忍者ブログ
ぴんぽるとの日々です。なるべく更新するようにしてますがたまに更新できない時もあります・・・
[762]  [761]  [760]  [759]  [758]  [757]  [756]  [755]  [754]  [753]  [752


先日、昔から付き合いのある後輩が「欲しい車があって資金が全然足りないんだけど、ローンは使いたくない。」と言う「そんな事オレに言われても・・・」と言いたくなる相談をされました。ちなみにこの後輩は非常に優秀な方なのでローンの審査はまったく問題無いし、もし検討している車を全額ローン組んだとしても毎月の返済も全然問題無いプランでした。「現状で一括で買えないならローンを組むか、現金が貯まるまで待つしかないんじゃない?」と言うと「でもそろそろ今の車が限界なので、結構早めに欲しいんですよね・・・」との事。「でもローンがイヤなら、今ある手持ちの現金で買える車探すしかないんじゃない?」と聞くと手持ちもほとんど無いとの事でした。「それなら諦めるしかないね。でも何でそこまでローンを嫌うの?」と聞くと「理由は特に無いんですけど、何となくイヤなんです。」と言う、初めて聞く回答が返って来ました。今でもたまに「ローンは借金だから使いたくない!」と言う考えの方がいらっしゃいます。もちろんローンを組めば毎月の支払いが発生しますし、金利も加算されるので一括で払えるのであればローンは使わない方が良いと思います。しかし「自身の貯金をすべて使ってしまうと不安・・・」や「他にも使う予定があるから、車には貯金の半分だけ使いたい。」等とお考えの方はローンは非常に有効な方法であると思います。あくまで自身の収入との割合の問題ですが「きちんと無理せずに払える範囲内であれば、ローンを使う事はマイナスな事ではなくてむしろプラスな事である。」と個人的には考えています。車や不動産等を買う時は、大体の方がローンを組むと思います。もし自宅を現金で購入しようと思ったら、普通の方は定年間近まで貯金をしないと無理だと思います。しかし、現実には「いつまで払っても自分のモノにならない賃貸に住み続けるよりも、数十年後に自分の資産になる住宅ローンに払いたい。」と考える方が多く、みなさん数十年のローンを組んで自宅を購入します。車やバイクも同じで「それをローンで買う事によって、何かプラスになるのであれば買った方が結果的にはお得である。」と言えると思います。例えば「欲しい車を毎月5万円の支払いのローンを組んだ事によって仕事を頑張れる気持ちが強くなり、結果的に昇進して月給が7万円上がった。」と言う場合は、月2万円のプラスになっていると言えるのではないでしょうか?もちろんストレスや仕事時間等の細かい状況は省きますが、実際に私の車友達で「ローンを組んだ事によって稼ぎたい気持ちが強くなり、仕事を変えて毎月の給料が全然増えた。」と言う方は多数います。もちろん無理なローンは良くないと思いますが「ローンは借金!」と頭から否定するのでは無く「ケースによっては借金ではなくて、投資である。」等と、別の考え方をすると良いと思います。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 4 5 6 8
9 10 12 13 14 15
16 17 18 19 20 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
ぴんぽる
性別:
男性
職業:
色々です。
趣味:
車、バイク、楽しい事。
自己紹介:
1992年式のポルシェ・911ターボ(964)との毎日をご紹介します。詳しい維持費や仕様、バイク等の話題はホームページの方に掲載しておりますので合わせてご覧下さい。みんカラもやってますのでよかったらリンクからどうぞ!
最新CM
[12/17 マサ]
[12/03 ぴんぽる]
[12/02 マサ]
[07/12 ぴんぽる]
[07/11 zip speed 好き]
[02/08 ぴんぽる]
[02/08 リカ]
[06/21 ぴんぽる]
[06/21 ぴんぽる]
[06/17 964]
[06/17 964]
[06/15 めろんぱん]
[05/09 ぴんぽる]
[05/09 @まゆみ]
[04/21 ぴんぽる]
[04/21 @まゆみ]
[06/23 ぴんぽる]
[06/21 ゲンポル]
[06/09 ぴんぽる]
[12/31 ぴんぽる]
[12/31 がんエクシージ]
[10/30 ぴんぽる]
[10/26 がんエクシージ]
[10/02 ぴんぽる]
[10/01 brilliant green]
カウンター
ブログ内検索
アクセス解析
ぴんぽるブログ Produced by ぴんぽる      Designed by ninja-blog.com
忍者ブログ [PR]