忍者ブログ
ぴんぽるとの日々です。なるべく更新するようにしてますがたまに更新できない時もあります・・・
[755]  [754]  [753]  [752]  [751]  [750]  [749]  [748]  [747]  [746]  [745


最近動画を勉強するためにドローンの事も調べているのですが、技術の進歩のスゴさを実感させられます。ドローンは簡単に言うとラジコンヘリコプターみたいなモノなのですが、昔とはレベルがまったく違います。GPSで撮影対象を追いかけたり、同機種と数センチ間隔で編隊飛行が出来たりととんでもないレベルになっています。昔はラジコンヘリコプターと言うと安くても数十万円からで、操作を誤ったりアクシデントがあって墜落したらまた修理で数十万円と言う、そこいらの車よりも全然お金のかかる趣味でした。ところがドローンは安いモデルだと1万円以下で難しい操作も必要なく、誰でも室内等で楽しめるお手軽さなのです。小学生の息子の誕生日プレゼントにドローンをあげて、室内で親子一緒に飛行を楽しむなんて昔では想像も出来なかった話です。しかし、そんな便利なモノも悪用されればキケンな道具と認定されます。2015年4月に東京都の総理大臣官邸にドローンが落下した事によって、ドローンを使用したテロ行為防止用の規制が出来ました。私も愛車の動画は撮りたいですが、当然違法な手段は使えませんので色々調べたのですが、これはかなりハードルが高そうに思えます。面倒なので詳しい事は「ドローン 規制」とかで検索して頂きたいのですが、基本的に「人がたくさんいるエリア。」や「空港近くと高度150m以上。」を飛ばす時は許可が必要になって来ます。ちなみに「人がたくさんいるエリア。」と言うのは「平成22年の国勢調査の結果による人口集中地区。」なのですが、地図を見ると東京23区はほぼ全滅です。つまり東京の私有地外で飛ばす時は、ほぼ100%許可が必要になって来ます。私が撮影予定をしているエリアは人も少ないエリア(ほぼいないに等しい。)ですし、空港も高度もOKです。他にも「夜はダメ。」とか「イベント上空はダメ。」とか色々あるのですが「人や物と30m以上の距離を保って飛行する事。」が最大のハードルな気がします。厳密に言うと「物」は道路や街頭等も含まれて来るらしいので車の追尾録画とも結構難しそうです。確かに何も無いエリアでの撮影を予定していますが、さすがに30m何も無い場所となると限られそうです。撮影予定地の役所に電話しても「国土交通省のホームページに書いてある内容に従って下さい。」しか言わないし、外で飛ばすのはほぼ無理と言う事なのでしょうか?機体本体とバッテリー重量の合計が200g未満のモノはこの規制に該当しないらしいのですが、これもどこまで大丈夫なのか調べてみないと何とも言えないですね・・・引き続き頑張って調べてみようと思います。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
ぴんぽる
性別:
男性
職業:
色々です。
趣味:
車、バイク、楽しい事。
自己紹介:
1992年式のポルシェ・911ターボ(964)との毎日をご紹介します。詳しい維持費や仕様、バイク等の話題はホームページの方に掲載しておりますので合わせてご覧下さい。みんカラもやってますのでよかったらリンクからどうぞ!
フリーエリア
最新CM
[12/17 マサ]
[12/03 ぴんぽる]
[12/02 マサ]
[07/12 ぴんぽる]
[07/11 zip speed 好き]
[02/08 ぴんぽる]
[02/08 リカ]
[06/21 ぴんぽる]
[06/21 ぴんぽる]
[06/17 964]
[06/17 964]
[06/15 めろんぱん]
[05/09 ぴんぽる]
[05/09 @まゆみ]
[04/21 ぴんぽる]
[04/21 @まゆみ]
[06/23 ぴんぽる]
[06/21 ゲンポル]
[06/09 ぴんぽる]
[12/31 ぴんぽる]
[12/31 がんエクシージ]
[10/30 ぴんぽる]
[10/26 がんエクシージ]
[10/02 ぴんぽる]
[10/01 brilliant green]
カウンター
ブログ内検索
アクセス解析
ぴんぽるブログ Produced by ぴんぽる      Designed by ninja-blog.com
忍者ブログ [PR]