忍者ブログ
ぴんぽるとの日々です。なるべく更新するようにしてますがたまに更新できない時もあります・・・
[988]  [987]  [986]  [985]  [984]  [983]  [982]  [981]  [980]  [979]  [978


車の名前の由来を調べてみると「何でそんな理由でこの名前?」と思うようなモノもあれば、「だからこの名前なのか!超納得!」と思えるモノまで色々です。せっかくですので、私の個人的な「納得の名前」トップ3をご紹介します。もちろんこの他にもたくさん面白い名前はありますので、自分の愛車や気になっている車の名前の由来を調べてみるのも楽しいと思います。ちなみに私の愛車は、「ぴんくのポルシェ」なので「ぴんぽる」です。何のひねりも工夫もありませんが、手に入れたばかりの頃に友達が名付けてくれたのでそのまま使っています。


第3位:トヨタ・プリウス
「プリウス」はラテン語で、「~に先駆けて」と言う意味だそうです。プリウスは世界初のハイブリッド車ですので、「ハイブリッド時代の先駆け。」と言えますので、ピッタリな名前だと思います。プリウスがデビューしてから21年が経過しますが、現在ではプリウスを見ない日は無いくらいに私達の生活に浸透しています。次世代ハイブリッドと言われる水素自動車のトヨタ・ミライは、プリウスと同じように広まるかが気になります。


第2位:ランボルギーニ・ディアブロ
「ディアブロ」はイタリア語で「悪魔」と言う意味だそうです。ランボルギーニ・カウンタックから続くシザースドア(ポップアップスイングドアとも呼ぶみたいです。)を装備したディアブロは、デビュー当時は他のどの車よりも強烈なインパクトがあって普通じゃないオーラが満載でした。維持費もインパクトも含めて「悪魔」と言う名前はピッタリだと思います。


第1位:スバル・ドミンゴ
「ドミンゴ」はスペイン語で「日曜日」と言う意味だそうです。「この車に乗れば、気分はいつでも日曜日!」と言う意味が含まれているそうですが、実際に乗ってみると本当にそんな気分になります。誰でも思わず「カワイイ!」とつぶやいてしまうような外見のコンパクトボディに、大人7人が無理無く乗れる利便性はキャンプや遠出にピッタリで目的地に到着するまでの車内も楽しい空間にしてくれるのです。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
3 6 7
11 12
16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
ぴんぽる
性別:
男性
職業:
色々です。
趣味:
車、バイク、楽しい事。
自己紹介:
1992年式のポルシェ・911ターボ(964)との毎日をご紹介します。詳しい維持費や仕様、バイク等の話題はホームページの方に掲載しておりますので合わせてご覧下さい。みんカラもやってますのでよかったらリンクからどうぞ!
フリーエリア
最新CM
[12/17 マサ]
[12/03 ぴんぽる]
[12/02 マサ]
[07/12 ぴんぽる]
[07/11 zip speed 好き]
[02/08 ぴんぽる]
[02/08 リカ]
[06/21 ぴんぽる]
[06/21 ぴんぽる]
[06/17 964]
[06/17 964]
[06/15 めろんぱん]
[05/09 ぴんぽる]
[05/09 @まゆみ]
[04/21 ぴんぽる]
[04/21 @まゆみ]
[06/23 ぴんぽる]
[06/21 ゲンポル]
[06/09 ぴんぽる]
[12/31 ぴんぽる]
[12/31 がんエクシージ]
[10/30 ぴんぽる]
[10/26 がんエクシージ]
[10/02 ぴんぽる]
[10/01 brilliant green]
カウンター
ブログ内検索
アクセス解析
ぴんぽるブログ Produced by ぴんぽる      Designed by ninja-blog.com
忍者ブログ [PR]