忍者ブログ
ぴんぽるとの日々です。なるべく更新するようにしてますがたまに更新できない時もあります・・・
[743]  [742]  [741]  [740]  [739]  [738]  [737]  [736]  [735]  [734]  [733


最近はノーマルの状態でも1000馬力を超える車もありますが、世界一のエンジンはどれくらいなモノなのかをちょっと調べてみました。世界最大のレシプロエンジンは船舶用の「バルチラ・スルザーRTA96-C」と言う名前のディーゼルエンジンで11万馬力だそうです。上記写真がそうなのですが全長27.4m、全高13.4mと4階建のビルと同等の大きさがあるそうです。ちなみに重量は2300トンとこちらもケタ違い。直列14気筒でピストンの直径が96cmと、もはや何がスゴいか解らなくなって来ます。こちらの用途は世界最大クラスのタンカー用でライバルの1.5倍の最高速度を誇るため、中国からアメリカまでの到達時間を4日も短縮出来るそうです。個人的に10万馬力を超えるパワーと聞くと原子力空母とかジェット戦闘機、スペースシャトルくらいしか思い浮かばないので「船もスゴいんだなぁ・・・」程度の感想しか持てません。しかし11万馬力と言う事は、2000馬力までフルチューンした2JZ-GTEエンジン55基分です。フルチューンしたトヨタ・スープラ(JZA80)55台で世界最大エンジンと同じパワーと考えると何となくイメージしやすいかも?こちらのエンジンを調べていたら色々なエンジンの情報が出て来たのですが、知れば知る程エンジンも奥が深いです。H型エンジンと呼ばれる水平対向エンジンを2段重ねにしたようなモノや、X型エンジンと呼ばれるV型エンジンを上下でつなげたようなモノまで色々なエンジンがあったみたいです。変な形状したエンジンは大体が航空機や船舶用に開発されたようですが、ホンダはX型32気筒エンジンをF1で使用する事を計画していたみたいです。X型32気筒と言う事はV型8気筒エンジンを縦と上下に2基づつ合わせた感じと言う事でしょうか?エンジンを造る技術者の方の発想は、私のような一般人には理解出来ないと言う事が良く解るデータでした。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
ぴんぽる
性別:
男性
職業:
色々です。
趣味:
車、バイク、楽しい事。
自己紹介:
1992年式のポルシェ・911ターボ(964)との毎日をご紹介します。詳しい維持費や仕様、バイク等の話題はホームページの方に掲載しておりますので合わせてご覧下さい。みんカラもやってますのでよかったらリンクからどうぞ!
フリーエリア
最新CM
[12/17 マサ]
[12/03 ぴんぽる]
[12/02 マサ]
[07/12 ぴんぽる]
[07/11 zip speed 好き]
[02/08 ぴんぽる]
[02/08 リカ]
[06/21 ぴんぽる]
[06/21 ぴんぽる]
[06/17 964]
[06/17 964]
[06/15 めろんぱん]
[05/09 ぴんぽる]
[05/09 @まゆみ]
[04/21 ぴんぽる]
[04/21 @まゆみ]
[06/23 ぴんぽる]
[06/21 ゲンポル]
[06/09 ぴんぽる]
[12/31 ぴんぽる]
[12/31 がんエクシージ]
[10/30 ぴんぽる]
[10/26 がんエクシージ]
[10/02 ぴんぽる]
[10/01 brilliant green]
カウンター
ブログ内検索
アクセス解析
ぴんぽるブログ Produced by ぴんぽる      Designed by ninja-blog.com
忍者ブログ [PR]