忍者ブログ
ぴんぽるとの日々です。なるべく更新するようにしてますがたまに更新できない時もあります・・・
[899]  [898]  [897]  [896]  [895]  [894]  [893]  [892]  [891]  [890]  [889


先日、仕事の関係でトヨタ・アルテッツァAS200に長時間乗る事がありました。AS200は直列6気筒エンジンを搭載したモデルなのですが、この車が新車で発売された時には私はそこまで良い印象を持ちませんでした。データを見て「160馬力しかパワーないのに、車重が1310kgもあったら遅くね?どこがハチロクの再来なんだ!?」と思ったのです。ちなみにアルテッツァが「ハチロクの再来!」と騒がれていたのは、開発段階だけらしいです。最初は「コンパクトなボディでFRのセダン。」と言うコンセプトだったらしいのですが、途中から「メルセデスベンツ・CクラスやBMW・3シリーズに対抗出来るDセグメント車。」と言うコンセプトに変更されたみたいです。その事実を知らない方々が、最後まで「ハチロクの再来!」と言い続けたために「ハチロクを目指したのに失敗した車。」みたいな評価になってしまったのです。そりゃCクラスや3シリーズにハチロクの魅力を期待したらがっかりするのは当然です。当時は私も間違った知識のみでがっかりした1人ですが、色々な車を知ってから改めてアルテッツァに乗ったら「こんな良い車だったんだ!」と感動しました。もちろん当時でもこの事実を知っていれば感動したのでしょうが、当時はこの事実を知る機会も、アルテッツァに乗る機会もありませんでした。「Cクラスや3シリーズのライバル。」と言ってのけるだけあって、ボディ剛性は大したモノです。当然車重はそれなりに増えていますが、充分な動力性能があるのでワインディング等を走っても非常に楽しいです。きちんと乗ってみると、「和製BMW」と呼ばれていた理由が良く解るクオリティです。「ちなみになんでベンツじゃなくてBMW?」と思う方もいるかもしれませんが、これはアルテッツァが走りの楽しさを前面に出しているからではないかと思われます。またアルテッツァの直6モデルのエンジンが、BMWの「シルキーシックス」と同じくらいにスムーズなのも原因の1つかもしれません。仕事のために入って来たのにかなり欲しくなってしまう1台でした!長い間勘違いしててごめんよ・・・

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
4 5 6 9 10
11 12 14 15 17
18 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
ぴんぽる
性別:
男性
職業:
色々です。
趣味:
車、バイク、楽しい事。
自己紹介:
1992年式のポルシェ・911ターボ(964)との毎日をご紹介します。詳しい維持費や仕様、バイク等の話題はホームページの方に掲載しておりますので合わせてご覧下さい。みんカラもやってますのでよかったらリンクからどうぞ!
最新CM
[12/17 マサ]
[12/03 ぴんぽる]
[12/02 マサ]
[07/12 ぴんぽる]
[07/11 zip speed 好き]
[02/08 ぴんぽる]
[02/08 リカ]
[06/21 ぴんぽる]
[06/21 ぴんぽる]
[06/17 964]
[06/17 964]
[06/15 めろんぱん]
[05/09 ぴんぽる]
[05/09 @まゆみ]
[04/21 ぴんぽる]
[04/21 @まゆみ]
[06/23 ぴんぽる]
[06/21 ゲンポル]
[06/09 ぴんぽる]
[12/31 ぴんぽる]
[12/31 がんエクシージ]
[10/30 ぴんぽる]
[10/26 がんエクシージ]
[10/02 ぴんぽる]
[10/01 brilliant green]
カウンター
ブログ内検索
アクセス解析
ぴんぽるブログ Produced by ぴんぽる      Designed by ninja-blog.com
忍者ブログ [PR]