忍者ブログ
ぴんぽるとの日々です。なるべく更新するようにしてますがたまに更新できない時もあります・・・
[700]  [699]  [698]  [697]  [696]  [695]  [694]  [693]  [692]  [691]  [690


遅くなりましたが、ぴんぽるのサイドステップのゴムモールの交換、新しいストーンガードの貼り付けをご紹介します。ネットで調べると「サイドステップはクリップで留まっているだけだから、力任せに引っ張れば良い。」等と言う、実行したら恐ろしい事になりそうな間違った情報が出て来るのでご注意下さい。ちなみにサイドステップに使用されているクリップには「引っ張るだけのタイプのクリップ。」と「裏からナットで留まっているネジタイプのクリップ。」の2種類があります。引っ張るだけのタイプのクリップも裏からナットで留まっているネジタイプのクリップも、外した時にかなりの高確率で破損します。クリップを注文してから届くまではサイドステップ無しで走るか、届くまで乗らないかを決めてから行った方が無難だと思います。ちなみにどちらのタイプのクリップも、1個約800円と中途半端に高いです。片側10個、両側だと20個ですので自動的に「折れた数だけ買うか。」と言う思考になってしまいます。また、サイドスカートは2分割式になっており、ドア下部とリアフェンダー下部で分かれています。なお、説明では解りにくいクリップをメインで説明していますが、サイドスカートはドア下部、リアフェンダー下部共に車体下でクリップ以外のネジやナットで固定されています。これらは下側から見ればすぐに解るので、説明では省略しておりますのでご了承下さい。それではまず、上記画像のようにリアをジャッキアップし、リアタイヤを外した状態にします。


次にリアタイヤハウスのカバーを外します。画像の3つの矢印の部分のネジを外せば普通に外れます。ちなみに面倒臭がってタイヤを外さずにネジを外す方もいるみたいですが、下側にもネジはありますし、作業効率を考えたら絶対に外した方が楽だと思います。まぁ年中この作業をされていて、目をつぶっていても出来るくらいにこの作業を熟知している方なら外さなくても問題無いかもしれません。


カバーを外すとこの状態になります。こちらの2つの矢印の部分のネジを外したら、後は下部の、画像に写らない部分にある「引っ張るだけのタイプのクリップ。」だけですので、それなりに力を入れて引っ張れば(下に数個ネジがありますが、これは下側から見れば解るので省略します。)リアフェンダー下部のサイドステップは外れます。ちなみにタイヤハウスのカバーのネジを2つ支えていた鉄のフレーム部分の付け根にもネジはありますが、このネジを外してもフレームが緩むだけですので今回の作業には関係ありません。


次にドア下部のサイドステップです。ドア下部のサイドステップはフロントタイヤ横の1箇所だけが「裏からナットで留まっているネジタイプのクリップ。」になっています。フロントタイヤは外さなくても簡単に作業出来ますので大丈夫だと思います。まず2つの矢印の部分のネジを外すと、小さいタイヤハウスカバーが外れます。写真はドア下部のサイドステップを外してから撮った写真ですのでご了承下さい。


小さいタイヤハウスカバーを外すと、ボディ外側に向かってナットが留まっていますので、これを外します。この部分は見えないので手探りで作業する事になるのですが、比較的簡単に見つかります。問題はナットを回すための道具です。普通のソケットだと距離が微妙ですし、エクステンションを使うにしても中途半端に長くなり過ぎるので、小型のメガネレンチ等で対応した方が良いと思います。


写真は右側のドア下部のサイドステップなので1番右になっていますがご覧のように左右両方共、1番フロント側のクリップだけが「裏からナットで留まっているネジタイプのクリップ。」になっています。ドア下部のサイドステップは1番フロント側のクリップ以外は全部「引っ張るだけのタイプのクリップ。」ですので、残りはそれなりの力で引っ張れば外れます。また、下に数個ネジがありますが、これは下側から見れば解るので省略します。ちなみにクリップは大体劣化しているので「引っ張るだけのタイプのクリップ。」は引っ張ると途中で折れてしまって、折れた先が画像左のオレンジの穴の中に残ってしまう場合がほとんどです。これを取り出す事はほぼ不可能なので、ドライバー等で残った部分を奥に押し込んでから新しいクリップを押し込む事になります。


こちらが今回の作業で外したパーツすべてです。ちょっと写真が小さくて解りにくいかもしれませんがドア下部のサイドステップに7個、リアフェンダー下部のサイドステップに3個のクリップが使用されています。ちなみに今回の取り外しで3個のクリップが割れました。また、下側は写真を撮れなかったので省略しましたが、リアフェンダー下部のサイドステップの先にちょっとしたカバーが付いています。このカバーとドア下部のサイドステップの車体下部のネジが共締めになっている部分は、順番がきちんと合わないとピッタリ留まらないので外す時にどれが1番上に来ているのかを確認しておいた方が良いと思います。


また、取り外しの時だけでなく、クリップ自体をサイドステップに取り付ける場合も注意が必要です。ご覧のようにクリップを押し込む場所は溝が彫られているのですが、こちらも経年劣化で固くなっている場合がほとんどです。これを無理矢理、力任せにやってしまって溝自体が破損してしまうとサイドステップ自体の修復、買い替えになります。私はラジオペンチでクリップ側の中心を挟んだ状態で、溝側に潤滑油を塗ってから押し込みました。ここまでやっても結構力が必要だったので、普通にやるとどこまで力を入れて良いのかとても迷うと思います。ちなみに画像の1番手前の溝にゴムモールを取り付けます。これは溝に押し込んで行くだけなので、そんなに難しい作業ではありません。なぜかドア下部、リアフェンダー下部の両サイドステップ共、ゴムモールが結構長いので余った部分は切って調整しました。


サイドステップをすべて外したら、すべての汚れを取り除いてから磨き、新しいストーンガードを貼って行きます。ストーンガードやフィルム系全般に言える事ですが、空気が入らないように貼って行くのは非常に大変な作業です。曲面にきちんとフィットするように引っ張りながら場所を合わせ、また指を酷使しながらボディに馴染ませるように擦りながら貼り付けて行きます。


最後にヒートガンで適度に熱を加え、ボディに完全に密着させて完成です。964ターボのストーンガードはボディ上部に1枚、リアフェンダー下部のサイドステップ自体に1枚と合計2枚貼ってあります。上部はリアフェンダー下部のサイドステップが覆い被さっている部分があるので、先にボディ上部のストーンガードを貼ってから、リアフェンダー下部のサイドステップを装着、その後リアフェンダー下部のサイドステップ自体にストーンガードの貼り付けと言う手順になります。


今回は仕事の合間の時間を使ってやりましたが、実作業日だけでも4~5日くらいかかりました。せっかくだからと言う事で、ボディの磨きとコーティングも一緒にやったのでかなり時間を費やしましたが、苦労しただけあってとんでもなくキレイになりました。久しぶりの磨きとコーティングでしたが、見事にボディの塗装とツヤが蘇りました。また機会を改めて説明しようと思いますが、どんなに高額なボディコーティングでも、適度にメンテナンスは必要です。「超高いのやったんだから、後は水洗いだけでOK!」なんて事は絶対に無いので注意が必要です。しかし、今回は時間と労力がとんでもない事になってました・・・まぁ24年間分の汚れを撤去すると考えたら打倒かな?今後はストーンガードが細かく分裂する前に張り替えようと思います!

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
ぴんぽる
性別:
男性
職業:
色々です。
趣味:
車、バイク、楽しい事。
自己紹介:
1992年式のポルシェ・911ターボ(964)との毎日をご紹介します。詳しい維持費や仕様、バイク等の話題はホームページの方に掲載しておりますので合わせてご覧下さい。みんカラもやってますのでよかったらリンクからどうぞ!
フリーエリア
最新CM
[12/17 マサ]
[12/03 ぴんぽる]
[12/02 マサ]
[07/12 ぴんぽる]
[07/11 zip speed 好き]
[02/08 ぴんぽる]
[02/08 リカ]
[06/21 ぴんぽる]
[06/21 ぴんぽる]
[06/17 964]
[06/17 964]
[06/15 めろんぱん]
[05/09 ぴんぽる]
[05/09 @まゆみ]
[04/21 ぴんぽる]
[04/21 @まゆみ]
[06/23 ぴんぽる]
[06/21 ゲンポル]
[06/09 ぴんぽる]
[12/31 ぴんぽる]
[12/31 がんエクシージ]
[10/30 ぴんぽる]
[10/26 がんエクシージ]
[10/02 ぴんぽる]
[10/01 brilliant green]
カウンター
ブログ内検索
アクセス解析
ぴんぽるブログ Produced by ぴんぽる      Designed by ninja-blog.com
忍者ブログ [PR]