忍者ブログ
ぴんぽるとの日々です。なるべく更新するようにしてますがたまに更新できない時もあります・・・
[639]  [638]  [637]  [636]  [635]  [634]  [633]  [632]  [631]  [630]  [629


車に乗っていると色々な部分から、造り手の車に対する姿勢を感じる事が出来ます。ステアリングのダイレクト感やエンジンの味付け等の走りに関する部分や、内装や安全装備等のユーティリティに関する部分まで様々です。個人的に、初めて乗る車で1番最初に感じる部分はシートです。まずドアを開けた時に手に伝わる感覚で色々な事を感じますが、シートに座った時に確信に変わります。ドアを開けた時にそれなりのボディ剛性を感じる車は、やはりシートもそれなりの硬さを感じるスポーツ系の車が多いです。しかし、中には「造った側の方向性が解らない!」と思うシートもあります。1番感じるのは我が愛車のぴんぽるを含む、空冷エンジンのポルシェ・911シリーズです。ナロー、930、964、933は基本的な造りはほぼ一緒です。エンジンルームもほとんど変わっていないので993のエンジンをナローに積む事も比較的簡単に出来ます。この時代のポルシェは「ル・マンは最高のショールーム。」と言うくらいに走りに自信を持っていて、実際走りに特化したメーカーでした。しかし、走りを主張すると同時に市場でのシェアを増やしたいと言う気持ちもあったのでしょう。結果、非常に「走り」と「快適性」が混ざった造りになっている気がします。ボディやエンジンはそのままル・マン24時間レース等のベースに使えるくらいのレーシーな造りでありながら、内装等はスポーツ性よりもラグジュアリー性が優先された造りになっています。シートはホールド性があまり無い通常の形状ですが、とても豪華なフルレザーの電動シートです。さすがにメーター等は走りに対する重要な順番に大きく、見やすい位置に設置されていますが、メーターフードを含む内装は、ほぼすべてがレザーでかなり豪華です。個人的にレザーの品質と雰囲気はとても好きなので、大歓迎なのですがスポーツカーでありながらシートのホールド性が良くないと言うのは好きではありません。現代のポルシェ・911GT3(991)等のようにフルレザーのバケットシート等を装備してもらえたら嬉しかったです。空冷シリーズのスポーツモデルは最初からレザーのフルバケットシートが装備されています。しかし、カレラやターボにはホールド性の良くない通常のシートです。これはなぜか?それはやはりポルシェ自身が、この年代の911を「高級なグランドツーリングカー。」として売りたかったからではないでしょうか?長距離のツーリング等になると、やはりホールド性よりも快適性が求められます。となるとやはりシートは肉厚な重厚感が必要となるでしょうし、リクライニング出来ないフルバケットシートは対象外となります。結果、フルレザーの電動シートで重さが約25kgと言う、走りには嬉しくないスペックとなってしまったのです。正直な話、同年代のスバル・インプレッサ(GC8)のシートの方がホールド性は上だと思います。座った瞬間のシートの硬さとホールド性を感じると「インプレッサの方が走りを考えているのでは?」と思ってしまいます。もちろんラリーベースの車とグランドツーリングとして造られた車を比べても仕方ないのですが、走りが大好きなポルシェだからこそ「もうちょっと何とかならなかったのか?」と思ってしまうのです。ぴんぽるに乗ると「走りを強調したいんだけど、NSXに販売台数を取られたくない・・・」と言うジレンマのようなモノを感じます。結果、シートや内装と車自体の造りがズレた車になってしまったのではないでしょうか?個人的に1番の原因は、フラッグシップのグランドツーリングカーとなる予定だったポルシェ・928が大失敗したので、964に928の分まで頑張らせたのがいけなかったのではないかと思っています。928が予想通り売れていたら、964はもっとスポーティな造りのまま出せたのではないでしょうか?熱をこもらせる上に、オイル漏れの発見を遅らせると言うマイナスしか生まないアンダーカバー等は思いっきりNSXの静粛性を意識して装備されたパーツです。個人的に「当時のポルシェは倒産の危機を抱えていたので、正常な判断が出来なかったのではないか?」と感じる事があります。アンダーカバーもそうですが、NSXのような静粛性はポルシェに必要だったのでしょうか?同年代のフェラーリ・F348なんかは思いっきり静粛性を無視した排気音ですが、きちんと販売台数は出ています。「販売台数増やさないと会社がヤバい!」と言う恐怖感から、本来ならいらない部分をたくさん付け加えてしまったのでしょうか?しかし、そんな危機的状況から生まれた964もまだまだたくさんのポルシェファンから愛され続けているのを見ると「迷走してた時代でもやっぱりポルシェ!」と思うのです。今後も時代や方向性が変わっても「どの時代の車もやっぱりポルシェだね!」と感じさせる車を造って行って欲しいですね!

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 9 10 11
13 14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
ぴんぽる
性別:
男性
職業:
色々です。
趣味:
車、バイク、楽しい事。
自己紹介:
1992年式のポルシェ・911ターボ(964)との毎日をご紹介します。詳しい維持費や仕様、バイク等の話題はホームページの方に掲載しておりますので合わせてご覧下さい。みんカラもやってますのでよかったらリンクからどうぞ!
最新CM
[12/17 マサ]
[12/03 ぴんぽる]
[12/02 マサ]
[07/12 ぴんぽる]
[07/11 zip speed 好き]
[02/08 ぴんぽる]
[02/08 リカ]
[06/21 ぴんぽる]
[06/21 ぴんぽる]
[06/17 964]
[06/17 964]
[06/15 めろんぱん]
[05/09 ぴんぽる]
[05/09 @まゆみ]
[04/21 ぴんぽる]
[04/21 @まゆみ]
[06/23 ぴんぽる]
[06/21 ゲンポル]
[06/09 ぴんぽる]
[12/31 ぴんぽる]
[12/31 がんエクシージ]
[10/30 ぴんぽる]
[10/26 がんエクシージ]
[10/02 ぴんぽる]
[10/01 brilliant green]
カウンター
ブログ内検索
アクセス解析
ぴんぽるブログ Produced by ぴんぽる      Designed by ninja-blog.com
忍者ブログ [PR]